体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ZTE、ようやく今年になってAndroid Wearスマートウォッチを投入へ、LTEやVoLTEをサポート予定

Axon や Blade、Nubia などのスマートフォンブランドを展開している中国の通信機器メーカー ZTE がようやく今年になって自社ブランドの Android Wear スマートウォッチを出す計画だと分かりました。これは、ZTE 米国法人のトップが CES 2017 イベント中に CNET に語ったことで、まだ製品情報は分かっていませんが、ZTE は初の Android Wear スマートウォッチで LTE や VoLTE による通話機能を組み込み単独のスマートフォンとしても機能する製品を出す計画のようです。LTE Watch Urbane 2nd Edition をイメージできます。今年発売するのであれば、おそらく、Android Wear 2.0 を採用してくるはず。一般的な Android Wear なら注目に値しませんが、ウォッチフォンというなら話は別です。また、最近の ZTE はけっこう面白い製品を出しているので、Android Wear スマートウォッチにも期待しています。発売時期にもよりますが、こうした単独でも通話が可能な Android Wear 2.0 製品は、もしかすると、ZTE が初めて出すことになるのかもしれません。Source : CNET

■関連記事
Androidとの相性も良いBluetoothキーボード「Logicool K380」のレビュー
CES 2017 : PolaroidブランドのChromecast機能入り4Kテレビが登場
HTCの新プロモ動画から色や素材、カスタマイズ性に特化したスマートフォンの発売が予想される

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。