体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

The xx『I See You』Interview

The xx Credit Alasdair McLellan

昨年12月に行われた一夜限りの来日公演。あの、新旧ナンバーがひとつのストーリーを描くようにしてシームレスに並べられたセットが物語るとおり、The xxの3作目となるニュー・アルバム『I See You』は、かれらのこれまでと現在とが分かちがたく結ばれた一枚、としてある。そして、そのふたつを繋ぐ重要なピースとなったジェイミー xxのソロ・アルバム『In Colour』(2015年)のフィーリングを引き継ぐように、そのメロディやビート、ひんやりとした気配をたたえていたサウンドスケープは、鮮やかな色彩と力強い高揚感で躍動している。今回の『I See You』とは一言ずばり、The xxによる満を持しての「ポップ・レコード」。ダンサブルで、ロマンチックで、親密さに溢れていて、けれど刹那的。インタヴューに応えてくれたジェイミーとオリヴァーの言葉からは、そんな現在のバンドを満たしている充実感が伝わってくるようだ。

―昨夜のライヴ、最高でした。バンドの過去と現在が、ジェイミーのソロ・レコードを介してひとつに結ばれるようなストーリーが浮かび上がってくる構成というか。

オリヴァー「本当にそうだよね。今はアルバム4枚ぶんの中から曲を選べる状況になったからね。The xxとしてのアルバム3枚ぶんとジェイミーのソロと。だから、セットリストを組むだけでも楽しかったし、こんなにバラエティのある中から曲が選べるっていうのが初めての経験だった」

―ニュー・アルバムのリリースを控えて、現在のバンドがとても充実した状態にあるってことを示すライヴだったように思います。

オリヴァー「自信がついたってことだろうね。自分に自信が持てるようになることで、世界がまた今までとは全然違って見えてくるものだし。実は僕は長いこと、ステージに立ってパフォーマンスすることは半ば義務みたいに感じてたところがあったんだ。自分が本当にやりたいことはただ曲を書いてレコーディングすることであって、ステージで演奏するのはあくまでも曲をみんなに聴いてもらうための手段に過ぎないって考えていたというか。ただ、長い間ステージから遠ざかっていたときに、自分がどれだけステージで演奏するのが好きだったのか実感した。僕の仕事の内訳の半分はスタジオで曲を作ることで、もう半分はステージで演奏することだと思うんだけど、今、そのステージで演奏することがどんどん楽しくなってきてる」

OP16112_AM_XX_Album_05_RGB_REV2

―その「自信」というところとも繋がってくる話だと思いますが、今回のニュー・アルバムの『I See You』は極端な言い方をすると、静から動へ、モノローグからダイアローグへというふうに大きな飛躍を感じさせるアルバムだと思います。

ジェイミー「今回、何も決めずに……自分達が何をしたいのかも、どういうサウンドにしたいのかもはっきりわからなかったけど、ただ今までとはまったく違う経験をしてみたいという気持ちがあって。それはレコーディングに関しても同じで、それで地元からできるだけ離れたところで曲を作ってみようってことで、今まで行ったところのない土地に行って、3人で一緒に生活した。そうやって長い時間を一緒に過ごすことで、お互いのことをより深く知り合ったり、お互いや自分自身について今までとは違う新しい発見があったりしてね。それまではスタジオに篭って、緊張感のあるピリピリとした空気の中でレコーディングするのに馴れてたから、それはそれで良い経験にはなったけど、逆に難しい面もあって、作品との距離があまりにも近くなりすぎて、かえって難しいと感じることもあったよ」

1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。