体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ノルウェーからクルマが消える?エコcity「オスロ」の自転車カフェへ

ノルウェーからクルマが消える?エコcity「オスロ」の自転車カフェへ

ノルウェーの首都オスロでは、英断すぎる交通規制計画が発表され、世界をアッと驚かせています。なんと、2019年までにオスロ中心部約3km圏内への自家用車の乗り入れが全面禁止される予定で、オスロ市民はバスやトラムなどの公共交通機関を使うことが推奨されているというではありませんか。

自動車の渋滞による温室効果ガスの排出量を削減する目的ですが、日本では到底実現できそうもない大胆な施策に打って出るなんて、さすがは環境問題への関心が高い北欧の国。ノルウェーからクルマが消える?エコcity「オスロ」の自転車カフェへ

街のいたるところで見かける
シティバイク

ノルウェーからクルマが消える?エコcity「オスロ」の自転車カフェへ

そこで注目されているのがスーパーecoな乗り物・自転車。2019年を待たずして、誰でも自由に使える貸し自転車「Bysykkel」=シティバイクをセントラルエリアを中心とした至るところに発見できました。

観光客でも会員登録なしで3時間から気軽に乗ることができるそうで、これは便利(※短時間利用は2017年から開始)。

自転車を押して入れる
「カフェ」

ノルウェーからクルマが消える?エコcity「オスロ」の自転車カフェへ

そして今、オスロで注目を集めているのが、自転車を押したまま風のように軽やかに入店でき、コーヒーやミールを楽しむことができる “自転車カフェ”です。

今回は2015年10月にオープンしたオスロ初の自転車カフェ「ペロトン」(Peloton)に潜入することに。ノルウェーからクルマが消える?エコcity「オスロ」の自転車カフェへ

昼は北欧コーヒーや、パン・ピザなどの軽食が楽しめ、夜はワインやクラフトビールで乾杯できるBARに変身。共同オーナーのひとり、アイマーさんが出迎えてくれました。ご自身もサイクリストということで、まずは自転車を片手に、はいポーズ。

「自転車カフェはオスロでブームになるという
確信があったんだ」

ノルウェーからクルマが消える?エコcity「オスロ」の自転車カフェへ

――自転車カフェなんて、日本ではまだ聞き慣れませんが、どうして作ろうと?

「僕自身が自転車に乗りながらヨーロッパ中を旅したとき、旅や日常に自転車が溶け込んだライフスタイルは、やがて世界中に広がると思ったんだ。実際、2019年を目の前にオスロでは自転車への関心が高まっていて、移動手段に何をチョイスするのか、自転車を選ぶ自分がどう周囲から見られるかをみんな意識するようになった。自転車乗りであることは、いまやオスロでは一種のファッショントレンドでもある。背中にポケットがあるような伝統的な自転車乗りルックが、普段着るリアルクローズのデザインにも影響を与えていたりするんだ。だから、自転車カフェは今後オスロで絶対ブームになるはずだという確信みたいなものがあった」ノルウェーからクルマが消える?エコcity「オスロ」の自転車カフェへノルウェーからクルマが消える?エコcity「オスロ」の自転車カフェへ
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。