体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

FLOW、ニューシングル「INNOSENSE」MVでフェンシングに挑戦!?

FLOWが2月8日に発売するシングル「INNOSENSE」のミュージックビデオ・ショートバージョンを公開した。
FLOW (okmusic UP's)
1月8日より放送されるTVアニメ「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」の第2期エンディング主題歌として、FLOWの「INNOSENSE」が起用され、そのミュージックビデオのショートバージョンが公開されたが、今回もFLOWならではの世界観が存分に発揮された内容となっている。

前作「風ノ唄」は新体操リボンを駆使し自らも演じたFLOW。今作品でもスポーツシリーズは健在。張り詰めた緊迫感の中、一心に向き合い激しい攻防戦を繰り広げるフェンシング。FLOWはその中心で力強く演奏に徹している。シリアスな色合いもよりクールな仕上がりだ。何かに立ち向かったり、どうしようもない現実に直面している人たちの背中を押してくれる力強い楽曲に仕上がっている。このショートバージョンではフェンシング競技者の目の部分のみ一瞬映し出されるが、この人物はいったい? そう、テイルズファン驚愕の“あの人”だ! 正体は全編公開を待て。

1月15日からは各配信サイトにて「INNOSENSE」ショートバージョンも、CDリリースに先立ち配信がスタートする。さらに、FLOWアーティスト写真とTVアニメ「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」第2期の絵柄が使用された、店舗別となる購入特典も発表され、ミュージックビデオとこのショートバージョンの先行配信を楽しみつつ、CDのリリースを待とう。

そして、話題の尽きないFLOWは3月15日に2013年以来のライブDVDを発売することも決定している。「FLOW THE LIVE 2016」と題されたこのDVDはその名からも推測の出来る通り、2016年に数多くFLOWがおこなった主なライブが2枚組で収録される。2016年3月26日<FLOW LIVE TOUR 2016「#10」>ツアーの最終日Zepp Tokyoで行われたライブや、先日2016年12月31日にディファ有明で行われた年越しライブ<FLOW COUNT DOWN LIVE 2016-2017「刻ノ陣」>の模様を中心に収録。さらに、2016年も数々行なった海外公演の中からフランス、アブダビ、ブラジル、メキシコなどの出来事も収録される。2016年にFLOWがおこなったライブ活動の集大成ともいえる1枚だ。シングル、ライブDVDの発売など話題のつきないFLOWから2017年も目が離せない!

「INNOSENSE」MV(Short Ver.)
https://youtu.be/CZtBKUfLRa4

シングル「INNOSENSE」
2017年2月8日発売

【初回生産限定盤】(CD+DVD)

KSCL-2840/1/¥1,500+税 

【通常盤】(CD)

KSCL-2842/¥1,000+税

<収録曲>

■CD

1.INNOSENSE

2.アミダ (Live ver.)
3.EGO (Live ver.)
4.KA-ZA-A-NA (Live ver.)
5.INNOSENSE-Instrumental-

■DVD ※初回生産限定盤のみ

「INNOSENSE」 Music Video

「INNOSENSE」 Music Video メイキング

【期間生産限定盤/アニメ盤】(CD+DVD/デジパック仕様/ジャケットステッカー付)

KSCL-2843/4/¥1,500+税

<収録曲>

■CD

1.INNOSENSE

2.風ノ唄 (Live ver.)
3.BURN (Live ver.)
4.INNOSENSE-TV Size-

5.INNOSENSE-TV Size Inst.-

■DVD

「BURN」 Live from【テイルズ オブ フェスティバル 2016】FLOW特別編集ver.

「風ノ唄」 Live from【テイルズ オブ フェスティバル 2016】FLOW特別編集ver.

◎購入特典

■全国アニメイト(オンラインショップ含む)

「TOZX×FLOW」特製両面クリアファイル

■FLOW応援店

「TOZX×FLOW」特製両面B3ポスターカレンダー

※対象店舗はオフィシャルHPをご確認ください。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。