体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アイリスオーヤマ『ヨーグルトメーカー』は牛乳パックそのまま、自力でヨーグルトが作れる!

アイリスオーヤマ『ヨーグルトメーカー(IYM-011)』は、お気に入りの牛乳で、パックそのままにヨーグルトを作ることが出来る。 調理温度と時間があらかじめ設定されており、別容器に移し替える手間が無く、 手軽にヨーグルト作りが楽しめる製品。 以前ブームを呼んだカスピ海ヨーグルトも作ることが出来る。それでは実際に作ってみよう。

牛乳パックでそのまま作るからお手軽!

『ヨーグルトメーカー(IYM-011)』(約650g・税別4,980円・2016年10月31日発売)の本体の造りはとてもシンプル。操作パネルには「プレーン」「カスピ海」の2種類のヨーグルトのボタンのみ。付属品は牛乳パック用ふた、計量スプーン、取扱説明書。電源コードの長さは約1.3m。本体の重さは約650gととても軽く移動させるのは楽々。一般的なヨーグルトメーカーであれば、ヨーグルトを発酵させる際に専用容器などが必要。また作る際には、煮沸消毒など行い衛生面には十分に気を付けなければいけない。もちろん、こちらも衛生面には気を付けなければいけないが、 牛乳パックをそのまま利用出来ることで、気軽に作ることが出来るのではないだろうか。

 

まずはプレーンヨーグルトを作ってみよう!

必要なのは、新鮮な牛乳とスターターとなる市販のプレーンヨーグルト。今回は、スーパーで普通に購入出来るタカナシ乳業の北海道3.7牛乳(500ml)と明治ブルガリアヨーグルトをスターターに用いて作ってみる。

まずは、計量スプーン、牛乳パック用ふたを熱湯消毒する。雑菌がはいってしまうと、ヨーグルトはうまく作ることが出来ない。

牛乳パックの注ぎ口を全部開き、ヨーグルトを作る分だけ残して牛乳を他の容器に移す。牛乳は常温にもどしておくと良い。 また、牛乳パックは必ず未開封の新しい物を使用すること。

市販のヨーグルトをスターターにするときは、牛乳の10分の1の量を加えてよく混ぜ合わせてふたをする。今回は500mlパックで作るので450㏄分を残し、スターター(プレーンヨーグルト)を50ml入れた。牛乳パックを本体に入れて、蓋をする。

電源を入れて、「プレーン」を選択するだけ。プレーンヨーグルトの場合は約40℃に温度設定してある。500mlパックでは、5~8時間で完成する。本体は12時間で自動的に電源が切れるようになっている。タイマー機能はない。今回は約8時間で取り出してみたところ、固まっていたので冷蔵庫へ。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。