体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まずは寝室で練習! 柄×柄をうまく組み合わせるコツは?

まずは寝室で練習! 柄×柄をうまく組み合わせるコツは?

最近インテリアの話題は、シンプルでナチュラルな「北欧スタイル」や男子向けで武骨な「ブルックリンスタイル」が中心になっていたような気がする。それはそれで魅力的だが、もう少し女性向けのスタイルはないかと思っていた。そんなとき、行きつけのカフェで見つけたインテリアにグッときた。今回は柄と柄を組み合わせたちょっと上級者向けのインテリアについて教えてもらった。

柄と柄を組み合わせたときに生まれる効果

以前、取材させてもらったパンケーキのおいしいカフェ、味はもちろんだがいつもインテリアがすてきだと思っていた。さまざまなテキスタイルが組み合わさっているのに、不思議と統一感があり、女性らしい空間が生まれていた。

聞いてみると、カリフォルニアにスタジオを構えるDena Designs, Inc. のデザイナーであるDena(ディーナ)が発信するインテリアブランド『Dena Home』 (ディーナ・ホーム)との期間限定コラボレーションだった。そのDenaさんにインテリアの秘訣を教えてもらった。

「美しい柄と柄を組み合わせることで、自分の好みに合わせたすてきなインテリアの“レイヤードルック”をつくることができます。まず寝室から空間をつくる練習をしてみてはいかがでしょう。例えば1つの柄だけですと、少し味気なくて殺風景に見えます。まず第1歩として、すでに柄と色が組み合わさっているコレクションを利用してみるのもいいですよ」とのメッセージだ。

確かに私自身も「シンプル イズ ベスト」と、室内にあまり色をたくさん使わないほうが無難だと思ってきた。ときどき海外の雑誌でさまざまなテキスタイルを組み合わせて、うまく調和させている例を見てあこがれていたが、センス良くまとめられる自信がなくてあきらめていた。広いリビングではなくて、寝室から始めて見るのは確かにハードルが低くなる気がする。【画像1】Dena Homeの『Kumari Garden collection Yellow』(写真提供/(c)Dena Designs, Inc. All Rights Reserved)

【画像1】Dena Homeの『Kumari Garden collection Yellow』(写真提供/(c)Dena Designs, Inc. All Rights Reserved)

異なる柄でもまとまりを出すには「アクセントカラー」がポイント

「柄と柄を組み合わせるときに、まず最初に考えなければならないことは柄同士の相性です。組み合わせやすい柄がある一方で、悪趣味な柄の組み合わせになってしまうこともあります。柄同士の衝突を避けるためにも、共通するような色をアクセントとして使うとまとまりやすいですよ」とのことだ。

そこで見せてくれたのが「Kumari Gardenシリーズ」というテキスタイル。同じ色調で花柄と幾何学柄が組み合わせていたり、同じ柄で違う色調のものが用意されていたりする。確かにこれなら初心者でも失敗がなさそうだ。

「私が好きな柄の組み合わせの1つに、花柄と幾何学柄の組み合わせがあります。これは上品で洗練された組み合わせになりますね。また異なる柄にさまざまなスケールの違う柄を組み合わせることも好きです」【画像2】異なる柄同士でも、アクセントカラーのグレーで全体がまとまって見える(写真提供/(c)Dena Designs, Inc. All Rights Reserved)

【画像2】異なる柄同士でも、アクセントカラーのグレーで全体がまとまって見える(写真提供/(c)Dena Designs, Inc. All Rights Reserved)

家具とテキスタイルの関係を考える

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。