体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本場アメリカのDIY工具おすすめブランドとは?

本場アメリカのDIY工具おすすめブランドとは?

日本のホームセンターは、DIYの本場であるアメリカを手本に発展してきました。その原型となったホームセンターの1つが「ACE Hardware(エースハードウェア)」です。ザ・アメリカンでパワフルな、所有欲を満たすカッコイイDIY工具が揃います。おすすめDIY工具ブランドを紹介しましょう。

DIY工具を現地と同じ価格で購入

ACE Hardwareは全米を中心に展開するホームセンター。フランチャイズ形式で、4,000店のうち直営店は約100店舗といいます。家が1軒、DIYできるほどの品揃えです。プライベートブランド商品も展開しています。

実はこの「ACE Hardware」で売られているアイテムは、日本からも買い物が可能。「DIY MALL」は、ACE Hardwareで販売しているDIY工具を現地と同じ価格で購入できる日本の通販サイト。工具から日用品や家具まで何でも揃います。

気になる送料は「0.45kg以下は$41.7」といった具合に、重さによって変わるシステム。22.5kgから送料がぐんと高くなるので、それを超える場合は2回に分けて注文した方がお得です。なお、関税はかかりません。

ということで、中でもDIY工具のおすすめブランドを紹介していきましょう。まずは赤い「ACE」のロゴがカッコイイ、オリジナルのPBブランド。ベーシックなアイテムが揃います。

アメリカDIY工具の魅力はパワー

黄色と黒がトレードマークの「スタンレー」は、日本では魔法瓶が有名ですが、アメリカではDIY工具がメイン。測定機器やハンドツールを中心に無骨で飾らないデザインが魅力です。2010年にブラック&デッカーと合併しています。

アメリカのDIY工具の魅力はパワーです。それを1番実感できる電動工具ブランドが「デウォルト」。日本のマキタのような存在といえるでしょう。プロが愛用する本格派であり、DIY好きの憧れブランドです。

「ブラック・アンド・デッカー」は、日本でもブラデカと呼ばれるおなじみのDIY工具ブランド。海外でのみ販売されている電動カンナが購入可能。底の丸い刃で、木材表面の調整や面取りをします。

関連記事リンク(外部サイト)

無線ルーターのおすすめ簡単パワーアップ改造
エポキシ接着剤の溶接並みの強度を試してみた
2×4材と突っ張り金具で室内に柱を追加する
ドローンの操作距離を「蒸し器」を使って延ばす
車の傷消し!自分で修復するための4工程とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。