体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダブルレンズカメラを搭載したHuaweiスマートフォンの「ワイドアパチャーモード」でピントの当て直しや背景ぼかしが自由自在

ダブルレンズカメラを搭載した Huawei スマートフォンで「ワイドアパチャーモード」を利用すると、撮影後にピントを当て直したり、背景を適度にぼかしたりと、写真の調整が自由に行えるので結構便利です。「ワイドアパチャーモード」はダブルレンズの恩恵を受ける最たる機能と言えます。ユーザーはモードを切り替えて普通に撮影するだけ。一度のシャッターでそれぞれのカメラが画像と深度データを記録するので複数回シャッターを切るような違和感のある動きはありません。「ワイドアパチャーモード」で写真を調整するにはカメラからでもアクセスできる端末内蔵のギャラリーアプリを利用します。ギャラリーのプレビューモードには下部にカメラレンズのアイコンが表示されるので、それをタップすると調整モードに入ります。「ワイドアパチャーモード」で出来ることは、ピントの当て直し(画面の任意の地点をタップ)、F 値の変更(タップして上下にスライド)、背景効果の変更(下部のサムネイルから選択)です。ここで背景をぼかす際、F 値を小さくすると被写界深度が浅くなるので、タップした地点を中心にボケる範囲が広がり、逆に、F 値を下げると被写界深度が深くなり、全体がシャープになります。ぼかしが顕著になる目安は F/2.8 前後でしょうか。これ以下にすると広範囲がボケます。また、画面右下のアイコンをタップすると、ピントを当てた部分からの色合いをフィルタ効果で変更できます。

■関連記事
CES 2017 : DJI、Osmo Mobileの新色「Osmo Mobile Silver」を発表、新機能 Beautify modeも追加
Androidハッカーは脆弱性発見・報告の報奨金で社会貢献
カシオ「PRO TREK Smart WSD-F20」のデモ動画

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。