体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人女性からも人気トルコバンドBaba Zula

日本人女性からも人気トルコバンドBaba Zula
J-WAVEで放送中の番組「ORIENTAL MUSIC SHOW」(ナビゲーター:サラーム海上)。1月6日(金)のオンエアでは、トルコ、イラン、ギリシャの新しい「音」を紹介しました。

まずは、トルコのインディーズシーンを代表するオリエンタルダブバンド、ババズーラ(Baba Zula)の新作から「Aşıkların Sözü Kalır(Eternal Is The Word Of Poets)」をオンエア。トルコの民謡楽器にも使われる、三味線のような音色の弦楽器「サズ」をエレキ化し、延々とかき鳴らしてはお客さんをトランス状態に至らせるというステージで、トルコのみならずヨーロッパ、南米、日本でもツアーを行っているババズーラ。1996年に結成された彼らの活動20周年を記念した2枚組アルバム「XX」が1月末にリリースされます。この曲は同アルバムからの先行シングルで、トルコ語に堪能なカナダ人の女性民謡歌手ブレンナ・マクリモンがフィーチャーされています。

「この曲名を訳すなら『永遠なるは詩人の言葉」というところでしょうか。『政治家や偉い人の言葉は一瞬で消えてしまうけれど、詩人の言葉は永遠に残る』といった意味」とサラーム。日本人ベリーダンサーのノーラがツアーメンバーとして参加しているため、日本では女性ファンの多いというババズーラ。今回のアルバム「XX」の2枚目は“タブ”アルバムになっていて、ゲストにはAsian Dub Foundationのドクター・ダスや、ダブ・ミュージックの総帥ことマッド・プロフェッサー、日本からもOKI DUB AINU BANDらが参加した曲も収録されています。

そのほかにも今回は、1月20日(金)に渋谷の「SARAVAH 東京」で初来日公演を控えているトルコ人ギタリスト、ツや、2015年に公開されたイラン人女性監督アナ・リリー・アマポアーの「ザ・ヴァンパイア〜残酷な牙を持つ少女〜」のサウンドトラックから、「イランのRadiohead」ともいうべきロックバンド、レディオ・テヘランなど5曲をオンエア。

「Aşıkların Sözü Kalır(Eternal Is The Word Of Poets)」ババズーラ(Baba Zula)
「Kaptan Zaman」ツ(TSU!)
「Ska Ka-Bop」ブルックリン・ファンク・エッセンシャルズ(Brooklyn Funk Essentials)
「GELAYE」レディオ・テヘラン(RADIO TEHRAN)
「Bori」レナ・モルフィ(Rena Morfi)

みなさんも、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ORIENTAL MUSIC SHOW」
放送日時:毎週金曜 26時−26時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc3/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。