体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ダイエット&アンチエイジング】美しくなるにはこう食べる!~夕食~

【ダイエット&アンチエイジング夕食】美しくなるにはこう食べる!
夕食は、朝食や昼食と比べておとなしめに。寝るまでの時間をあけ、疲労回復に必要な栄養素に摂取しましょう。満足感を高める工夫を取り入れることで、食べ過ぎを防ぎ、代謝を高めることができます。

夕食の基本は「糖質少なめ」、「たんぱく質多め」

朝や昼にエネルギー源となる糖質をたっぷり摂取し、夜は糖質少なめにすると、余分なカロリー摂取を抑えることができます。

夜は、手のひら1枚分の量を目安に、細胞の主原料であるたんぱく質をチャージ。野菜をたっぷり使ってボリューミーにしましょう。

また、体内を温めて内臓機能を高める野菜たっぷりのスープがおすすめ。両手から溢れるくらいたっぷりの野菜と、肉や豆などのたんぱく質と合わせてポカポカスープを作りましょう。冬は鍋料理にすれば、たんぱく質も野菜も両方いっぺんに摂ることができますね。

野菜いっぱいスープのイメージ

炭水化物は食べてはいけない?

炭水化物をゼロにする必要はありません。疲労を回復するには、原料である栄養素だけでなく、それらを活用するためのエネルギーが不可欠。炭水化物による糖質の摂取は、体内のはたらきを活性化するのに欠かせないものです。

握りこぶし一個分か、ややそれよりも少ない程度の量を目安に、“少なめ”に取り入れましょう。細胞の再生に必要なたんぱく質やビタミン・ミネラルのバランスを整えることで、明日の身体をよりエネルギッシュにすることができます。

ご飯のイメージ

寝る2〜3時間前には夕食を

寝る直前まで食事をしていると、内臓が休まりません。寝ている間まで消化・吸収に追われてしまうと、疲労回復のはたらきが減退してしまいます。代謝を高めるためにも、時間に余裕をもって食事をしたいですね。

仕事で遅くまで食べられない、という場合は、間食におにぎりや惣菜を取り入れ、消化に負担のかかるものは先に食べてしまいましょう。帰ってからは、野菜たっぷりのスープを。満足感を高めて内臓を休めることができます。

夜は明日の代謝の良い身体のために。メンテナンスの時間と心得て、細胞再生のための栄養素を積極的に取り入れましょう。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

相手に期待しないこと?長続きするカップルの鉄則3つ
食生活が不規則でも痩せられる!?ムダな食欲を抑える方法
旬なうちに楽しもう!アラサー的MA-1の着こなし方
美脚3原則~1秒で変わる脚の長さと太さ~
年明けも美ボディをキープ!正月太りを防ぐコツ5つ

生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。