体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017年こそ英語力アップ!学習を続ける8つのコツ

2017年こそ英語力アップ!学習を続ける8つのコツ

2017年の抱負は決めましたか?まだ決まってないないなら、 新しい言語を学ぶことはいかがでしょうか。 なぜなら、新しい言語を学ぶことは、 自身をつけるよいきっかけになりますし、 旅行もより楽しくなります。

そして最大の利点は、 仕事、就職面で有利な点ではないでしょうか。 今回は新年の抱負が絵に描いた餅で終わらぬよう、 語学学習を続けるコツをお伝えします。

 

1.目標設定は現実的に

目標設定は現実的に

photo by pixta

出だしから鼻を折るようですが、語学をマスターすることは時間がかかります。1か月で英語がペラペラになりたいと思っても、現実的には難しいでしょう。しかし、1か月あれば100までのカウントの仕方を暗記できますね。

10日間あれば、難しい単語を10個、暗記することもできます。大切なのは、小さな目標を持ち、一つづつクリアしていく事です。小さな成功体験を積むことで自信がつき、結果的に大きな目標を達成できます。

 

2.目標設定は具体的に

新年の抱負として「英語を学ぶ」という目標を掲げる方も多いでしょう。この目標をより具体的に設定することで、効率よく学習を進められます。

内容はどんなものでも構いません。「今年の終わりには、映画を字幕無しで観る」でも良いですし、「ロンドンへ旅行にいって、レストランでかっこよく注文をできるようになりたい」でも、「辞書無しで洋書が読めるようになる」でも、何でもOKです。

目標に具体性を持たせ、ゴールを小さいステップへ分ける事によって、学習の効果を感じられるようになります。

 

3.学習方法を賢く選ぼう

学習方法を賢く選ぼう

語学学習にまつわる学習ツールは、オーディオブック、ポッドキャスト、アプリ、留学、カンバセーション・パートナー、オンラインコース、英会話教室など、多くの方法があります。

独学が苦手な方に、ポッドキャストを利用した勉強スタイルは合わないでしょう。その代わりに、カンバセーションパートナーを見つけたり、教室へ通うことをお勧めします。自分に最適といえる勉強ツールを見つけるには、色々なツールやツールの組み合わせを試してみましょう。

少し時間はかかりますが、一度見つけてしまえば、必ず目標ゴールを達成する強力なツールとなります。

4.スランプに備える

学習計画の途中でスランプに陥ったり、学校や仕事が忙しく勉強に手が回らない時もあります。疲れ切って、英語の勉強をする気が起きない日もあるでしょう。どんなに強いやる気を持った人でも、低迷期は訪れるものです。

ですが、焦らないでください。1日や2日さぼってしまっても、3日目にまた勉強を始めればよいのです。最後に勉強した箇所から、気持ちを新たにして勉強を再開しましょう。

5.学習成果をチェックする

学習成果をチェックする

テストと聞くと身構えてしまう人もいると思いますが、学習の効果を測定することは、語学学習には欠かせません。テスト以外にも、ユーチューブなどを利用して、海外のTVドラマや短いビデオクリップを観て、字幕無しでどの程度内容を理解できたか?自分の学習成果を測定してみるのもよいですね。

6.新年の抱負を周囲に共有する

カンバセーションパートナーや学校で学んでいる人は、パートナーやクラスメイトがいる手前、宿題や単語の暗記を頑張れるかもしれませんが、独学で勉強している人は、新年の抱負について家族や友達と共有すると良いでしょう。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。