体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アンパンマンはもともと戦場を舞台にしたお話だった?

アンパンマンはもともと戦場を舞台にしたお話だった?
J-WAVEで放送中の番組「RADIOFAST」(ナビゲーター:安藤桃子)。1月6日(金)のオンエアでは、「アンパンマン」の生みの親であり、絵本作家、作詞家、構成作家、司会業…など幅広い分野で活躍した、やなせたかしさんの世界をピックアップしました。

番組では、やなせさんの秘書を長年務め、現在は「株式会社やなせスタジオ」代表を務めている越尾正子さんにお話を伺いました。

今では誰もが知る国民的キャラクターのアンパンマンですが、その誕生のきっかけは、月刊誌に連載された「十二の真珠」という童話だったそうです。ひと月にひとつの童話を掲載するこの連載の中で、戦場のお腹を空かせた子どもたちに“あんぱん”を配る男の話が描かれました。国境を越えれば、得体の知れないものとみなされてしまう…という大人に向けたメッセージ性の強い物語だったそうです。やなせさんはこのとき、50歳でした。

その数年後、この物語を元にした子ども向けの絵本が制作されました。子どもにとってわかりやすいようにと、“あんぱん”をキャラクター化し、生まれたのがアンパンマンでした。当時のアンパンマンは、私たちの知っている姿よりも人間に近いシルエットで、頭のあんぱんを全部食べられてしまい、体だけが空を飛んでいる…という描写もあったそうです。また、正義を貫くアンパンマンのマントは、「きれいごとだけではいられないだろう」ということでボロボロに描かれています。

「やなせが以前言っていたのですが…ライオンが街中に現れたら、人々はパニックになるし警察だって動くだろう。どんなに綺麗事を言ってもそれが世の中の現実。いくら優しいライオンでも、ライオンっていうのは恐怖だからどうしてもそういうことになる。そういうことを絵本で書いている。ただ絵本といっても絵空事を描くのではなく、現実だけを描くのも違う。現実に沿って夢のある部分を膨らませたりするのですが、現実からかけ離れたものじゃいけない…というのが気持ちの中にあったんです」(越尾さん)

夢を与えるやなせさんの作品の根底には、現実を見つめる視線があったのですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「RADIOFAST」
放送日時:毎週金曜 24時−24時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/radiofast/pc/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。