体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デッドプールは23箇所も間違い?!新作DVDや絵本で間違い探し!

先日、ウェブサイト「Movie mistakes」が、年末恒例のその年に劇場公開になった映画のなかで、どの映画に間違いが多かったのかランキングを発表しました!

 


ぴあ Movie Special 2016-03-11 発売号
Fujisan.co.jpより

今年の1位は、日本でも大ヒットを記録した「デッドプール」。「Movie mistakes」によると、間違いは23か所!手錠を外すため自分で左手を切り落とすシーンがありますが、その後のシーンでは、左手ではなく、あるはずの右手がなくなっているとか…、デットプールが描いた絵がシーンによって違っているとか…、いろいろ見つかっちゃったそうです。

 

「デッドプール」はDVDも出ているので、ぜひ、間違いチェックをしながら鑑賞するのはいかがでしょうか。ちなみに、2位・3位は、「シビル・ウォー」と「ズートピア」。どちらも13か所で、同率2位でした。

 

この間違い探し、実は絵本の世界にもございます。是非、こちらもお楽しみ頂きたく、有名な絵本の間違いエピソードをふたつほどご紹介させて頂きます。

 

まずはコチラ、「モチモチの木」

 


モチモチの木 (創作絵本6)
amazon.co.jpより

 

かつて小学生の国語の教科書に載っていたロングセラー名作絵本でございます。内容を50字以内で説明すると…夜中に一人でおしっこにもいけない弱虫の男の子が、大好きな祖父の為に勇気を振り絞って〇〇するという物語。

 

実はこの絵本、間違いが発覚、1977年の改訂版で描きなおされているのであります。どういうことかというと…

 

最初は、絵本の中に三日月が何カ所か登場していたのですが、当時、学校の先生や子供達から「三日月は丑三つには、空に出ていないはずだ!」との、名探偵コナンばりの鋭い指摘が!(三日月は日没後すぐ沈むらしい)

 

恐るべき洞察力でございます。

 

それを受けて、三日月は膨らんだ月に描きなおされ、日付も3日だったのを20日に変更されたとのこと。興味のある方、改訂前と改訂後、見比べてみてはいかがでしょうか。(図書館によっては、置いてあるかも…です)

 

そして、もう一冊。こちらも名作中の名作!「げんきなマドレーヌ」

 


げんきなマドレーヌ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
amazon.co.jpより

 

最近、グッズも人気とか!女子のみなさんはよ~くご存じの名作絵本、マドレーヌ・シリーズの第1作でございます。

 

マドレーヌ・シリーズとは、フランス・パリの寄宿学校に住むアメリカ生まれの女の子、マドレーヌと寄宿学校のクラスメイトや先生たちが織り成す物語。シリーズの「マドレーヌといぬ」では、絵本のノーベル賞と称えられる「コールデコット賞」も受賞しております。

 

第1作の「げんきなマドレーヌ」では、マドレーヌが盲腸で入院することに。そのお見舞いに11人のクラスメイトが訪れ、なぜかマドレーヌを羨ましがるというストーリー。

 

この中で、またしても読者からの鋭い指摘が!一体何が…。実は、マドレーヌが入院した後のシーンで、寄宿学校にはマドレーヌを除く11人の生徒しかいないはず!なのですが、なぜかある1シーンだけ、女の子が12人も…。

 

こちらは、間違いが判明した後も、作者の意向であえて改定せずに、そのままになっております。ぜひ、チェックしてみてくださいませ!

 

映画も絵本も1度きりではなく、改めて見てみると必ず新たな発見があるもの!このお正月休み、間違い探し目線で、名作をもう一度じっくり楽しんでみるのはいかがでしょうか…。

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。