体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

年始のご挨拶は「ご当地缶詰」で差をつける!?

現在、「調理いらずで旨い物が食べたい!」と言う、“缶詰女子”なる言葉がネットで話題になるほどホットな『缶詰』!そんな中、最近次々に発売されているのが『ご当地缶詰』。全国の旨い物を手軽に現地に行かずとも食せると、雑誌などでも特集されるほど。そこで今回、SNSなどでも人気の高い『ご当地缶詰』をご紹介します。

 


ケトル Vol.25
Fujisan.co.jpより

 

北海道:船泊漁業協同組合「宝うに」

出典:http://www.funadomari.jp/

 

礼文島沖でとれた『えぞばふんうに』の旨みをギュッと凝縮した“蒸しうに”。利尻昆布をエサに食べ、養分と旨みをたっぷりと蓄えた最高級のウニ缶。塩だけで味付けしたシンプルな製法が、うに本来の旨みと風味が味わえると好評だそうです。

 

青森県:味の加久の屋「元祖いちご煮」

出典:http://www.kakunoya.co.jp/index.htm

 

八戸地方に古くから伝わる代表的な「いちご煮」は、ウニとアワビを贅沢に使用した潮汁。炊き込みご飯の元として使っても美味しいそうです。

 

宮城県:木の屋石巻水産「まぐろの尾肉」

出典:http://kinoya.co.jp/

 

マグロの中でも一番運動をする「尾肉」のみの缶詰。大きいマグロからわずか3缶しか取れない希少な部位とされています。そのまま食べてもおいしいですが、サラダやチャーハンなどにも良く合うそうです。

 

秋田県:こまち食品工業「いぶりがっこ缶」

出典:http://komachi-foods.ocnk.net/

 

復興庁主催の『世界にも通用する究極のお土産 第2弾 〜「新しい東北」の挑戦〜』の品評会において、最終ノミネートに残った『いぶりがっこ缶』。焚き木干しで燻煙乾燥した大根を、米ぬかと塩に漬けこんだもの。チーズやサワークリームなどと合わせても、美味しいそうです。

 

栃木県:日光ゆば製造「味付巻ゆば」

出典:http://nikkoyuba.net/

 

良質のたんぱく質にカルシウムや鉄分の量も多く、低カロリーで消化もよいと海外からも健康食品として注目を集めているゆば。わさびや醤油やポン酢をつけて食べてもおいしいですが、味噌汁や鍋などにいれてもおいしいそうです。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。