ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フリーゲーム作者による「SMILE GAME BUILDER」制作実演連載が開始 完成作はダウンロードして遊べる!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2016年9月8日(木)に株式会社スマイルブームよりリリースされたWindows用RPG制作ソフト「SMILE GAME BUILDER(スマイルゲームビルダー)」。プログラミング不要で3DのRPGが作れることが特徴のツールとなっている。

今回、もぐらゲームスでは2017年1月から4月頃までにかけて、フリーゲーム制作者の方々による、SMILE GAME BUILDERを使用したゲーム制作の実演記事を連載する。そして最終的に、プレイ可能な完成作品の公開も実施する。完成したゲームの実装を見ることができるSMILE GAME BUILDERのプロジェクトファイルも合わせて公開する予定だ。

制作実演記事は月に数本ほどの掲載予定となり、SMILE GAME BUILDERでゲームを作るうえでのポイントや、「このゲームはどうやって作ったのか?」「どういったポイントに気をつけたか?」というゲーム制作全般におけるコツなども見ることができる内容となる。

今回の連載企画に参加するフリーゲーム制作者は、下記の3名だ。

連載企画に参加する制作陣

 
image01
連載第1回担当:創作活動サークル「Qpic」(制作チーム代表:クスト)
 
ユーザーによる人気投票企画「フリゲ2016」にて最多の得票数を獲得した、爽快フックアクションが特徴のフリーゲーム『ニュー・スーパーフックガール』が代表作。同作のディレクターであるクスト氏の所属するサークル「Qpic」では、アナログゲーム頒布イベント「ゲームマーケット」にて『かぐや姫と5つの難題』を頒布し、iOS/Androidタブレット向けリズムゲーム『EQLIPSE』の開発も行うなど、幅広い活動を行っている。

image00
『ニュー・スーパーフックガール』
 
image05
連載第2回担当:カナヲ
 
ゲーム制作サークル「てりやきトマト」代表。代表作となるフリーゲームは、自らの命を絶った少女が過去を探す探索ホラーアドベンチャー『虚白ノ夢』(2016年3月に小説版も発売)、そして墓荒らしダンジョン探索RPG『積層グレイブローバー』など。シナリオ執筆やグラフィックデザイン、作曲なども行えるクリエイターであり、現在は『被虐のノエル』を制作中。
 
image04
『虚白ノ夢』
 
image02
連載第3回担当:坂本昌一郎
 
レーベル「sound sepher」主宰。ゲーム・アニメ作品『11eyes』の楽曲や、PC/PlayStation4向けのインディ・シューティングゲーム『アスタブリード』の楽曲を担当してきたサウンドクリエイター。現在はゲーム制作も行っており、体験版として公開されているフリーゲームRPG『箱庭セレナータ』を制作中。RPGツクール・WOLF RPGエディターのスクリプトやコモンの公開も行っている。
 
image06
『箱庭セレナータ』
 
第一回を担当する創作活動サークル「Qpic」の連載は、さっそく明日1月8日の昼頃から開始する予定だ。SMILE GAME BUILDERを使った制作に興味ある方は、ぜひお読みいただきたい。
 

関連記事:

Unity(WebGL)専用のゲーム投稿サイト「unityroom」がオープン。ブラウザで遊べるゲームも公開中!
Steamで同人・フリーゲームを販売するには? 実際にやってみた資料が公開
『箱庭えくすぷろーら』風のドット絵アクションRPGが作れる!ゲーム制作ツール「箱庭あにま」β版公開

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。