体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『明治 ザ・チョコレート 魅惑の旨味ジャンドゥーヤ/鮮烈な香りフランボワーズ』人気チョコに新フレーバー登場!

2016年9月に発売されて以来、販売個数900万個突破という大ヒットを飛ばす『明治ザ・チョコレート』シリーズから、「魅惑の旨味ジャンドゥーヤ」「鮮烈な香りフランボワーズ」が新登場。明治のこだわりが詰まった板チョコのニューフェイス、これは食べてみるしかない!

味も売れ行きもスゴい『明治ザ・チョコレート』に新フレーバーが仲間入り

『明治ザ・チョコレート』(50g・市場価格230円前後・発売中)は厳選したカカオ豆を使用し、発酵・焙煎といったすべての工程にこだわり抜いたBean to Barチョコレート。割り方によって味が変わるチョコレートということでも大きな話題を呼んだ。

今回発売された「魅惑の旨味ジャンドゥーヤ」は、ヘーゼルナッツの香ばしさとカカオのスパイシーさが特長。一方「鮮烈な香りフランボワーズ」は、フランボワーズとカカオのフルーティーな酸味が楽しめるという。

 

絶対美味しいはず…期待値MAXで、いざ実食!

まずは「魅惑の旨味ジャンドゥーヤ」から食べてみよう。

 

「明治 ザ・チョコレート 魅惑の旨味ジャンドゥーヤ」

“ジャンドゥーヤ”とは、ナッツ類とカカオを混ぜて作ったチョコレートのこと。洗練されたオシャレなパッケージのテーマカラーはグリーンで、カカオ分は51%だ。

パッケージを開けると、『明治ザ・チョコレート』ではおなじみの小さな袋が3つ。それぞれデザインが異なり、一体どこまでオシャレなんだと感嘆する。

説明に沿って袋を開けると、今までの『明治ザ・チョコレート』とは違う、表面にカカオが描かれたチョコレートが出現。

横から見ると、ビターチョコレートでヘーゼルナッツチョコレートを挟んだ3層構造になっている。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。