体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アイスブルーでハイウエスト。90年代のデニムをいま履きたい

アイスブルーでハイウエスト

グレーな都会に映えるデニム

グレーな街・東京に映えるデニムとして、以前そう紹介しました。裾はくるぶし丈で長すぎず、少しほつれているのが理想。

The Styleographさん(@thestyleograph)が投稿した写真 – 2016 9月 24 12:10午前 PDT

The Styleographさん(@thestyleograph)が投稿した写真 – 2016 11月 19 10:41午前 PST

復刻版デニムがいまの気分にぴったり

そんな理想を叶えてくれているデニムが登場しました。

EDWIN社の女性のためのデニムブランド「SOMETHING(サムシング)」から、2017年1月13日(金)に発売になる”FRENCH NOUVEAU”です。

表参道をヒールを履いて颯爽と歩くときも、ベッドの上でゴロゴロするときも、都会に住む女性のシーンにはまるデニムです。

20160106_something_02.jpg

12,000円(税抜)

じつは”FRENCH NOUVEAU”は、90年代に発売された復刻版のモデル。約20年も前のモデルが、いまの時代にはまるなんて、若者って案外昔から変わらないマインドを持っているのかな、と思えてきます。

20170106_something_03.jpgハイカジュアルにもリラックスにも欠かせないアイテムとなったデニム。都会に馴染むスタイルなら、アイスブルーでハイウエストが断然いまの気分です。

SOMETHING for ADAM ET ROPÉ

文/ダーシー

こちらも読まれています

グレーな東京には、アイスブルーのハイウエストデニムが映える

東京で、自分をちっぽけな存在だと感じる方法

料理がしたい! 脳が癒される動画みつけた #sponsored

■ あわせて読みたい

小銭を持ってペタンコ靴でコミケに参戦。叶姉妹の柔軟さすごい
2017年。新たに始まるのはどんな恋? #深層心理
答えは検索できる。でも「問い」は自分で考える
恒例のお正月太り。いまから10秒でお腹凹ます
シルバーに恋をした。この冬うれしくなるアイテム
正月太り…。最短で元に戻すには? #深層心理
ジャスティン・ビーバーもVRに注目。公開24時間で500万回再生

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。