体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ダイエット&アンチエイジング】美しくなるにはこう食べる!~昼食~

【ダイエット&アンチエイジング昼食】美しくなるにはこう食べる!
ダイエット中、お昼はどうすればいいの?ランチを満足感のある食事にすることで、間食や夜の余分なカロリー摂取を抑えることが可能。「おやつを食べるかもしれないから少なめに……」ではなく、お昼をしっかり食べて「おやつなんて、要らない!」体質に整えましょう。

間食するから昼食を減らす作戦は、あり?

ダイエット中の人によくある現象の一つが「後で食べられなくなるから、今は抑えておこう」という思考。もちろん、1日の摂取カロリーや栄養バランスが整っていれば問題ありません。しかし、結果的に暴食につながってしまったり、代謝が下がったりしてしまうのでは意味がありませんよね。

代謝を高める食事は、おやつではなく食事です。ここを取り違えては本末転倒。摂取カロリーが低くても、栄養バランスの偏った食生活では、メリハリボディを実現することはできません。

ランチのイメージ

夜に向けて、しっかりと栄養素を摂取しておきましょう

昼食のポイントは、忙しい朝になかなか摂れないビタミン・ミネラル類や、たんぱく質をしっかり摂ること。主菜として肉や魚、卵、豆腐などの豆製品、チーズなどの乳製品(たんぱく質)を取り入れましょう。量は、手のひら1枚分程度が目安です。

ビタミン・ミネラル類は、野菜や果物から摂取。理想的な野菜の量は、両手いっぱい分。食事の後に眠くなってしまうという人は、食物繊維が豊富に含まれた野菜をしっかり食べましょう。消化・吸収をゆるやかにします。

野菜を食べるイメージ

怖がらずに「食べる」

お腹が空いているのであれば、昼食はしっかり摂ってOK。エネルギー源をチャージして脳のはたらきや運動機能を高め、よりエネルギーを消費しやすい体質に整えましょう。

チョコレートや菓子パンなどの甘いものは、心の栄養補給になるためゼロにする必要はありませんが、毎回必ず食べる前提で昼食を減らすことはおすすめしません。おやつではなく、食事で豊富な栄養素を摂取した方がずっと腹持ちがよく、代謝が高まるからです。

間食要らずの燃焼ボディに

昼食は、手のひら1枚分の主菜と、両手いっぱいの野菜を摂取。これにエネルギー源となる主食(ごはんやパン、麺類など)を合わせましょう。主食の量は、握りこぶし一つ分が目安。しっかり食べて、間食要らずの燃焼ボディに整えましょう。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

毛玉知らずのニットお手入れ法♡お気に入りのニットを長く着る!
【紅たき占星】2017年ダイエットが成功する星座ランキング
わき腹の肉を落とす!効果を実感できる腹筋エクササイズ2つ
【脱・コンビニ食】疲れたときでも使えるお手軽美食テク!
2017年は“私らしさ”で勝負!ファッションスタイルを確立させよう

生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。