体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GoogleのCEO、次世代のお手頃スマートフォンの価格は$30

Google は 2014 年に「Android One」プログラムを開始し、これまでに様々な低価格スマートフォンを世界中で発売してきました。Android One スマートフォンの平均価格は(507SH を除いて) $100 前後ですが、Google の CEO である Sundar Picahi 氏はこれでも満足していないようです。インドメディア NDTV からのインタビューで Pichai 氏は、「インドにおけるスマートフォンの適正価格は $30 で、この価格を目標に高品質なスマートフォンを追求することで、れ以上の価値が生まれる」と述べました。インドは、人口が多いこともあってスマートフォンユーザーは 2 億 6 千万人以上もいます。しかし、大半のスマートフォンユーザーは $150 以下の手頃な価格の機種を利用しています。Google は近年、インドにおけるインターネットユーザーを増やすために様々な取り組みを行っています。その一つが Android One をはじめとした低価格スマートフォンの投入です。Google としては最新で最高スペックのハイエンドスマートフォンを供給したいところ、ほとんどの人が上記のような手頃なスマートフォンを使用しているので、スマートフォンが安ければ安いほどもっと多くの人々がAndroid を利用することになります。こうした施策の一部として Google はスマートフォンのさらなる低価格化を推し進め、Android ユーザーを拡大させようとしています。その一方、同氏はスマートフォンだけではなく、インターネット環境の改善の必要性にも言及しました。Source : Mashable

■関連記事
Xiaommi、Mi Note 2のグリーン、パープル、ピンクを披露
Galaxy Tab S3と見られる「SM-T825」がWi-Fi Allianceの認証を取得
Google、「Pixel C 64GBモデル」を$100値下げ、1月7日まで

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。