体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

毛玉知らずのニットお手入れ法♡お気に入りのニットを長く着る!

お気に入りのニットを長く♡毛玉知らずのニットお手入れ法
今の季節、使用頻度の高くなるニット。何回でも着たいし、何着あっても足りることはないですよね。でも、その一方でちょっと悩ましいのが【毛玉】の発生…。洋服は消耗品だから仕方ないことかもしれない。でも、出来るだけ毛玉をなくして、長くキレイに使いたいもの。そこで今回は、毛玉が発生しにくい正しいお手入れ方法をご紹介します!

■毛玉が起こる原因

毛玉は摩擦によって生まれます。毛の繊維がホコリがついたり、肌やモノに擦れることで毛の先端がほつれ始め、小さな固まりとなってニットの表面にくっついていきます。

毛玉が起こらない様にするには、日頃から摩擦に気をつけることで状態の良さを維持し続けることが出来ます。

ニットのイメージ

■正しく愛用しよう!ニットのお手入れ法

・洗濯機を使用しない
面倒ですが、洗濯機を使用せずに手洗いしましょう。毛玉処理をするにも手間がかかると考えれば、最初の面倒さも同じこと。それなら洗う際のケア一つで、毛玉が起こりにくくなる方が良いはず♡

先ほどもお伝えしたように毛玉の原因は摩擦によるもの。洗濯機も例外ではなく、摩擦を生みやすいものです。汚れはしっかり取れますが、繊細な素材やすぐに痛みやすいニットには向きません。どうしても時間がない…という時だけ、洗濯ネットに入れて弱めで洗濯をしましょう。

洗濯機のイメージ
・使用後はブラッシングを忘れずに
ニットを着用した後に必ずブラッシングをしましょう。このブラッシング、一見意味が無い様にも見えますが実はかなり重要!

毛玉は摩擦によって出来た繊維の絡まりを放置したことで出来る、繊維の集合体です。日頃から使用した後にブラッシングし、繊維の絡まりを整えることで毛玉が出来る原因を防ぎます。

家に帰って、部屋着に着替えたらニットはハンガーに吊るし陰干し。その際に軽くブラッシングをして状態を整えておきましょう。

ブラッシングのイメージ
・静電気防止スプレーで毛玉退治!
買ったばかりのニット、洗濯をし終えたニット。お出かけ前に静電気防止スプレーをシュッと吹きかけましょう。実は、毛玉というのは摩擦によって繊維の先端がほころび、それらが静電気によって固まって毛玉となります。

洋服は消耗品なので使えば使っただけ、繊維がほころびるのは防げません。その分、毛玉になる環境を防止するのが大事なのですね!

■丁寧に扱うことは、人生を豊かにする

たかがニット、されどニット。一着の為に丁寧に扱ってキレイに着てあげる。忙しい毎日、疲れている毎日だから、面倒になってしまう所に手間をかけると、ほんの少し心に余裕が生まれる様な気がしませんか?

モノを丁寧に扱うということは、人生を丁寧に扱い豊かにするのと同じこと。是非、次のお休みの際にクローゼットに眠るニットをお手入れしてみてくださいね!

ニットのイメージ
Photo by stocksnap.io

関連記事リンク(外部サイト)

【紅たき占星】2017年ダイエットが成功する星座ランキング
わき腹の肉を落とす!効果を実感できる腹筋エクササイズ2つ
【脱・コンビニ食】疲れたときでも使えるお手軽美食テク!
2017年は“私らしさ”で勝負!ファッションスタイルを確立させよう
カラダが枯れてない?お肌が乾燥する原因は「水分不足」かも!

生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。