体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“七草粥”でお正月疲れの胃腸を回復!ご家庭簡単レシピを栄養士が伝授

“七草粥”でお正月疲れの胃腸を回復!ご家庭簡単レシピを栄養士が伝授
みなさん、お正月をいかがお過ごしでしたでしょうか。美味しいご飯やお酒をついつい食べ過ぎ飲み過ぎてしまって、胃腸が疲れていたりしていませんか。

お正月で疲れた胃腸には七草粥を食べると良いと聞きますが、この七草粥にはどのような効果があるのでしょうか。

今回は栄養士の横川先生に七草粥の意味、由来、健康効果や、家庭でできる七草粥レシピを解説していただきました。

七草粥とは

“七草粥”でお正月疲れの胃腸を回復!ご家庭簡単レシピを栄養士が伝授
お正月休みで疲れた胃腸を休ませ、回復をサポートしてくれる七草粥は、五節句(※)の1つ、人日の節句(1月7日)の朝に食べられる行事食です。

昔は早春に、一番に芽吹く七草は、邪気を払うとされ、「正月の七日に春の七草を摘み、これを神前に供えてから食べれば、その年は病気にかからない」という中国から入ってきた考えのもと、1年の無病息災を願う、厄払いの意味が昔は強くありました。

また、野菜が不足がちな年末年始(冬)のビタミンやミネラルの補給のほか、日常の食生活に戻るひとつの区切りとなっています。

当初は「あつもの(熱汁)」という熱い汁料理でしたが、室町時代あたりに粥に、そして江戸時代には、行事として一般庶民にも広まったそうです。

※五節句……1月7日(人日の節句)、3月3日(上巳・桃の節句)、5月5日(端午の節句)、7月7日(七夕の節句)、9月9日(重陽の節句)をさします。

七草粥を食べる時間

“七草粥”でお正月疲れの胃腸を回復!ご家庭簡単レシピを栄養士が伝授
食べる時間は、厄払いの意味を込めて、神様に備えてから家族で食べるため、1月7日の朝が基本です。

またお粥は消化がよく、おなかに優しいので、まだあまり胃腸が働いていない起き掛けの朝メニューにはおすすめです。

七草の種類とそれぞれが持つ意味

1:セリ(芹)

“七草粥”でお正月疲れの胃腸を回復!ご家庭簡単レシピを栄養士が伝授
■意味

競り勝つ

2:ナズナ

“七草粥”でお正月疲れの胃腸を回復!ご家庭簡単レシピを栄養士が伝授
■意味

撫でて汚れを除く 

3:ゴギョウ

“七草粥”でお正月疲れの胃腸を回復!ご家庭簡単レシピを栄養士が伝授
■意味

仏体

4:ハコベラ

“七草粥”でお正月疲れの胃腸を回復!ご家庭簡単レシピを栄養士が伝授
■意味

繁栄する

5:ホトケノザ

“七草粥”でお正月疲れの胃腸を回復!ご家庭簡単レシピを栄養士が伝授
■意味

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。