体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どれだけ食べても、太らない!? たらふくお肉ば、食べてんしゃい!【福岡・平尾】

f:id:mesitsu_lb:20161128103447j:plain

まいどっ!

毎月29日は“お肉day”と決めている、肉LOVEなメシ通レポーターのマツータケシです。

ということで、今日は最高のお肉でキメるぜ! ……といきたいところですが、最近のボクときたら、お腹はダルダルお顔はパンパン。奥さんにダイエットを進められ、菜食中心の生活を送っております(トホホ……)。

ところがどっこい。なんともうれしい噂が耳に飛び込んできたんです。なんでも「どれだけ食べても太らない!? という、夢のようなお肉があるとかないとか。その名は“牧草牛”。こりゃあもう、お肉の神さまのお告げか!? ってことで、行って確かめることにしました。

というわけで、今回は2016年8月10日にオープンした「焼鳥 焼牛 健」を訪れてみました。で、まず目についたのは「焼牛」の文字。焼き鳥や焼きトンはあるけど、「焼牛」とは肉好きの心をド直球に打ち抜くネーミングですな。いやはや、期待しちゃいます。

お店があるのは福岡市の中心部から車で5分くらい。繁華街から近いということもあり、若い人たちで賑わっているエリアです。最寄り駅は西鉄大牟田線・平尾駅。そこから徒歩10分ほどでお店に到着です。百年橋通りをしばらく進むと那の川の交差点があるので、そこを右に曲がってください。

そのまま日赤通りを2、3分歩くと左手に見えてきます。ガラス張りのオシャレなパーソナルジムが目印です。

f:id:mesitsu_lb:20161128103557j:plain

玄関は、開放的なガラス扉。外から店内の様子が確認できるので女性はもちろん、はじめてという人も安心して入りやすそうですね。

と言っているうちに、お肉が焼けるたまらん匂いが鼻を誘惑してきます。くわぁ~、もう我慢できん。いざ、お店へ!

f:id:mesitsu_lb:20161128103631j:plain

▲店内はめっちゃキレイ

店内はカウンター席とテーブル席に分かれており、この日も予約で結構席が埋まっているようです。写真はゆったりサイズの二人掛けのチェア。座り心地も良いので、ついつい長居しちゃいそうです。

f:id:mesitsu_lb:20161128103649j:plain

奥には、清潔感あふれるテーブル席があります。煙モクモクの焼鳥店を想像していたのですが、いい意味でイメージを裏切ってくれています。

名物料理、“牧草牛”のすごさとは!?

お肉大好き。でもカロリーや胃もたれが気になって……というお悩みはごもっとも。

ということで、お店自慢の“牧草牛”がジャジャジャーンと登場!

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。