体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『kami-bonsai(紙盆栽)松-matsu-』ハサミものりも不要で気軽に組み立てられる盆栽でお正月気分延長!

例年のことだけれど、足早に過ぎ去ってしまうお正月。仕事や学校が始まって、あっという間に平常運転になってしまうけれど、もう少しお正月気分を味わいたい人も多いだろう。そんな時にうってつけなのが『kami-bonsai(紙盆栽)松-matsu-』。紙卸し会社が作った簡単ペーパークラフトだ。

印刷一切なしで紙の風合いだけで盆栽ムードを表現した趣きあるペーパークラフト!

本物の盆栽を育てるのはめちゃくちゃ難しいとわかっている。でも可能なら和風で厳かな気分だけでも味わいたいという気持ちが、日本人なら心のどこかにあるのではないだろうか。特にお正月ムードに浸った後ならなおさら。


そこでペーパークラフトでハサミやのりなどの道具を使わずに簡単に好みの枝ぶりの松の盆栽などを組み立ててしまおうというのがこの株式会社立川紙業(東京都立川市)による『kami-bonsai(紙盆栽)松-matsu-』(約180×70×140mm・希望小売価格 税抜1,500円・発売中)だ。

立川紙業はその名の通り、紙の卸売りを中心とした会社である。

「主な得意先は印刷会社ですが、近年は企業へのコピー用紙納入や、製本会社を関連会社に加え、デザイン方面にも進出しております。ところが近年はペーパーレスの風潮が広がる世の中。なので紙需要減少対策として、こうしたオリジナル紙製品を第3の柱として、2年前頃より作るようになりました」(株式会社立川紙業 菅 祥一氏)

つまり紙の魅力を再評価してもらうために投入されたのが、この『kami-bonsai(紙盆栽)』シリーズなのである。ではどのように楽しめるのか、実際に組み立てて試してみることにしよう。


紙卸し会社のこだわりとして光るのが、印刷をしていないこと。色も質感も印刷に頼ることなく用いた紙の色・風合いのみを利用して作られている。実際に封筒状の製品の封を開けると中から出てくるのは色や風合いの違う紙、紙、紙…。もちろんそれらの紙はそれぞれの形に切り抜いてあるのだが、立体化できるのか、幾分不安になる。

 

繊細な手わざを要求される組み立て。不器用な人はピンセット推奨!

先にパーツを紙から外しておくと楽。

まずは台座から組み立てる。説明書を見て順々に組み立てていけば簡単だ。


台座の土面に枝を建てるまでは、ほとんどの人が何の苦もなくたどり着けることと思う。土の上にコケ役の緑があるのが芸が細かい。


ここまでの作業は全て紙を折り、組み合わせるだけの作業。ある程度の完成予想図を頭に描きながら、組み立てていけばいい。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。