体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、Huawei Mate 9 Porche DesignとMate 9 Pro、ASUS ZenFone AR、ZTE Axon 7をDaydream-ready Phoneに認定

Google は 1 月 5 日、Huawei や AUS、ZTE の最新スマートフォン 4 機種を Android 向けの VR プラットフォーム「Daydream」に対応する「Daydream-ready phone」に認定しました。Huawei は Mate 9 Porche Design t Mate 9 Pro、ASUS は ZenFone AR、ZTE は Axon 7 が公式に Daydream-ready phone として認定されました。Daydream-ready phone に認定されると、Daydream アプリや Daydream 対応のサードパーティアプリを利用することが可能になります。このうち、Axon 7 は今後の Android 7.0 Nougat アップデート後に Daydream-ready Phone になります。上記の 4 機種で Daydream View が利用できるのかは明確ではありませんが、おそらく、5.7 インチの ZenFone AR は画面サイズオーバーで利用できないと見られ、別の Daydream VR ヘッドセットが提供されると予想されます。Source : Google

■関連記事
リンクジャパン、スマートフォンで温度/湿度/明るさ/音/空気の質を確認できるセンサーデバイス「eSensor」を発売
Fitbit、「Fitstar」アプリをv3.0にバージョンアップ、アクティビティに基づく様々なおすすめワークアウトプログラムを提案
アプリコットン、パネルを動かし道を繋げてスタート地点にいるうさぎをゴールにまで導くパズルゲーム「うさまっぷ」をリリース

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。