体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いきものがかり水野×松井稼頭央 対談完全版

いきものがかり水野×松井稼頭央 対談完全版
J-WAVEでオンエア中の「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。1月5日(木)オンエアでは木曜ミュージックオペレーター、いきものがかりの水野良樹が、「いきものがかりの大ファン」だという東北楽天ゴールデンイーグルスの松井稼頭央選手との新春特別対談の模様を放送しました。こちらでは、対談の完全版をお届けします。

松井選手は、いきものがかりのライブを観てファンになったそうで、打席に立つ際の登場曲を、いきものがかりの曲に変えたそうです。まずはそのお話から…

水野:楽天のファンの皆さんから「松井選手が登場曲に、毎回、いきものがかりの曲を使っている」って教えていただいたんです。しかも、打席ごとに曲を変えてるって聞いたんですけど。
松井:普通は、一人の選手につき一曲なんですけど、僕はアルバムを渡してスタッフの方に「毎回、曲を変えてほしい」って言ってます。自分の好きな曲で毎回打席に入るのが楽しみなんですよ。どの曲がかかるのかも楽しみで。
水野:松井選手も分からないんですか?
松井:スタッフの方に任せてあるんです。その時の試合状況によって決めてくださってると思うけど、それが合うんですよ。チャンスの時に「風が吹いている」だと、球場も沸きます。
水野:そんな話を聞くと、曲を作ってる方も責任を感じますね(笑)。

松井選手は、いきものがかりのライブに、若手の選手の皆さんを連れていったこともあったそうです。

水野:選手の皆さんは体が大きいし、めちゃめちゃ盛り上がってくれるから、アリーナ席の中で非常によく目立ってました!
松井:仙台でのライブだと他のお客さんに気付かれちゃうんで、僕は大人しめにしてるんですけど(笑)、若い選手は本当に楽しんでますね。ツアーTシャツやタオルも買おうってみんなで話して。一体感を味わいたいですから。

そんな松井選手は、一人でいる時は野球のことばかり考えてしまうそうです。

水野:「自分を追い込みたい」という気持ちがあるんですか? それとも練習自体が楽しいとか?
松井:楽しい…とは言えないです。シーズン中は色々と考えたりするけど、試合でダメだった時も球場を出たら忘れるようにしています。いきものがかりの皆さんは、ライブの後はどうしていますか?
水野:吉岡(聖恵)はライブ映像をチェックして、その日の歌のポイントなどをすごくよく考えてます。でも、僕は反省すると袋小路に入っていくんで、「今日のライブ、すごく良かったね」って言われた時こそ、見るようにしています。その映像を見ながら修正するポイントを考えてます。
松井:なるほど。
水野:ステージとは違って、野球は試合が終わっても、また次の試合があるから、難しいところだと思うんですけど。
松井:「どれだけ切り替えられるか」が重要ですね。エラーしてもまた球が飛んでくるかもしれないし。
水野:そうすると、打席ごとに曲が違うのは…
松井:リフレッシュになるんです。僕は”率”を追いかけたくないと思っていて、ヒットなどの”プラスになるもの”を積み重ねていきたいんで、打席ごとに違う曲が流れて新鮮な気持ちで向かえるのはアリだと思っています。
水野:ありがとうございます。

松井選手に褒められっぱなしで恐縮している様子だった水野。せっかくなので、いきものがかりへの要望をお聞きしました。

松井:リクエストというか、実は僕は水色にピンクの文字で「いきものがかり」って書いてあるグッズのタオルが好きで、楽天イーグルスで作っている僕のタオルもまねさせてもらって、水色にピンクに「稼頭央」って書いてあるんですけど、後輩もまねしようとしてくるんです(笑)。
水野:いつか、松井選手用のグッズも特別に作らないと(笑)。
松井:お願いは別にありまして、ぜひ仙台のKoboスタにも歌いに来てください。
水野:マジですか?
松井:マジですよ! 始球式を兼ねて出演していただくとか…。
水野:え〜!? メンバーにも言っておきます。今のうちからキャッチボールをしておかないと。
松井:その時はグローブも持って行くんで。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。