ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ライアン・レイノルズ、映画『ローガン』がオスカー候補になると予測

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
logan

アカデミー賞が2009年の映画『ダークナイト』を冷遇して以来、映画芸術科学アカデミーは、より商業的なタイトルが盛り込めることを期待して、作品賞レースの候補を最大10枠までに広げた。しかし、コミックを原作とする実写映画が作品賞にノミネートされたことは一度もない。

今週の本紙ヴァラエティの特集記事の中で、映画『デッドプール』に出演したライアン・レイノルズは、映画『ローガン』が公開されればその状況は一変すると予測した。今春に公開される、『ウルヴァリン』シリーズの待望の完結編だ。ジェームズ・マンゴールド監督(映画『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』)によるR指定の本作は、ジャンル分けするとすれば、真っ当なアクション映画とは対照的な、キャラクター描写に長けた作品だという。

レイノルズは「『ローガン』は目に見えぬ壁を打ち破ってくれるかもしれない作品だ。素晴らしい作品であることはよく分かる。部分的に鑑賞したから。極めて刺激的だった。キャラクターを大いに信頼した作品だ」と、本紙ヴァラエティに語った。

確かに、今月発表される最優秀作品賞のノミネートに『デッドプール』をサプライズ選出することで、アカデミーが歴史を作る小さな可能性はある。この考えを一蹴する前に、次のことを記憶にとどめてほしい。今年は例年より競争が激しくないうえ、昨年春に公開された同作は全世界で7億8300万ドルの興行収入を記録しているのだ。

ハリウッドが愛していることが1つあるとすれば、それは負け犬の物語だ。赤いコスチュームをまとったアンチヒーローのために、なぜ米20世紀FOXがオスカーに向けて思いも寄らないキャンペーンを続けているか、それで説明がつくだろう。

2009年の映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』でレイノルズと共演したヒュー・ジャックマンは、アカデミー賞に向けて『デッドプール』を支持する1人だ。ジャックマンは、「私がアカデミー賞の司会を務めた時、『ダークナイト』はノミネートされず、皆がそのことを話題にしていた。不正行為だと言う人もいた。我々は映画を製作できるだけで幸せだが、ライアンのような人物が認められれば、非常に嬉しく思う」と本紙ヴァラエティに語り、続けて「多額の予算をかけた映画やコミックブックを原作とした映画が、オスカーを獲得するのは簡単ではない」と述べた。

レイノルズがデッドプールの役を演じたときの経験や、スクリーン上でウルヴァリンと再共演することについての思いは、今週のカバーストーリーで明らかになっている。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。