体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家入レオ✕大原櫻子✕藤原さくら、3月開催の「ビクターロック祭り」番外編で初共演

家入レオ✕大原櫻子✕藤原さくら、3月開催の「ビクターロック祭り」番外編で初共演

ビクターエンタテインメントが、2014年から開催している「ビクターロック祭り」番外編イベント第6弾の開催を発表。家入レオ、大原櫻子、藤原さくらが、3月12日にパシフィコ横浜 国立大ホールにて共演することが明らかとなった。

それぞれ同じレコード会社に所属し、お互いのライブにも足を運び合うなど、プライベートでも非常に親交の深い3アーティストだが、一堂に会するのは意外にもこの日が初となる。

そもそもこの3アーティストの親交は、家入レオのライブにて、ファンであった大原櫻子がメジャーデビュー直後の2014年に観覧し挨拶したことに始まる。その後、2015年にメジャーデビューした藤原さくらのライブへ家入レオと大原櫻子が一緒に足を運び、ライブ後の楽屋で3人揃って会話したのがきっかけとなった。

大原櫻子は家入レオのファンで、藤原さくらと家入レオは同じ福岡出身、しかもデビュー前の藤原さくらのライブを大原櫻子は見ていたという偶然も重なって、友情だけでなくお互いの活動を尊重し合う関係にもなっている。

そんな3人は普段より一緒にライブをしたいという話をしていたというだけに、当日のイベントに期待が高まっている。そして、「この日しか出来ない特別なことが出来たら」ともコメントしている。

なおチケットは1月7日より各アーティストのファンクラブにて先行予約がスタート、一般発売日は2月4日となっている。

3人からのコメント
1. このライブが決まった時の率直な感想
初めて聴いた時、とてもびっくりしました。(大原櫻子)
私もびっくりしましたが、ライブが決まる前から仲良かったのでうれしかったです。(家入レオ)
一緒にライブ出来たらいいねという話をしていたこともあったので、このライブが決まって感謝しています!(藤原さくら)

2. どのようなパフォーマンスを披露したいか?
同世代で同じレコード会社だけど、三者三様というかそれぞれのキャラが出ればいいなと思ってます。(家入レオ)
その日でしかできない何か特別なことができたらと思ってます。(3人)

3. お互いの好きな所、もしくは尊敬する部分を教えてください
※家入レオ→大原櫻子について
私の心をオープンにしていくれたのは櫻子ちゃんなんですよね。人見知りで、シャットダウンしているところにこの天使が現れて。それでごはんにいきましょうって。本当裏表がないし、真っ直ぐだよね。

※家入レオ→藤原さくらについて
一個一個がかわいいよね。マスコットみたいな。

※大原櫻子→家入レオ、藤原さくらについて
2人の曲から好きになったけれどもプライベートでも会ったりして、悩み事とかも言えるし、大人な価値観を持っていて。自然体でいれる空気感を作ってくれるんですよね2人とも。

※藤原さくら→家入レオ、大原櫻子について
何でも相談できる相手。

4.当日、3人で披露したい歌、演奏したい曲などはありますか
何が出来るか具体的にはまだ分からないけど、とにかく3人でやれことを頑張りたいです。
来てくれる人に喜んでもらえるようにしたいです。(3人)

ライブ情報
「ビクターロック祭り 番外編 IchigoIchie Join 6 家入レオ × 大原櫻子 × 藤原さくら」
日時:2017年3月12日(日)開場 15:00/開演 16:00
会場:パシフィコ横浜 国立大ホール
出演者:家入レオ / 大原櫻子 / 藤原さくら
<チケット>
前売/S席 7,000円 / A席 6,500円(税込・座席指定)
当日/S席 7,500円 / A席 7,000円(税込・座席指定)
先行受付:各アーティストFC先行/ビクター先行 1月7日(土)10:00 〜 1月22日(日)
一般先行予約:ぴあ、セブン-イレブン先行販売 1月27日(金)〜1月29日(日)
一般発売日:2017年2月4日(土)〜

関連リンク

家入レオ 「5th Anniversary Best」スペシャルサイトhttp://leo-ieiri.com/special
大原櫻子 オフィシャルサイトhttp://sakurako-web.com
藤原さくら オフィシャルサイトhttp://www.fujiwarasakura.com

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。