体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

地域別の人気ランキングを発表!【CS COTY2016-2017】

▲本記事では、地域別に見たユーザーの人気車種をご紹介! ぜひ自分の地域のランキングをチェックしてみてほしい

▲本記事では、地域別に見たユーザーの人気車種をご紹介! ぜひ自分の地域のランキングをチェックしてみてほしい

イヤーカーのトヨタ ハリアー(現行型)は地域別でもやっぱり強い!

今回イヤーカーに輝いたトヨタ ハリアー(現行型)が1位となった地域は東海、四国、九州・沖縄地方。トヨタのお膝元である東海地方で強いのはもちろん、西の方でもハリアーは人気のようだ。

▲3つの地方で1位となったハリアー。トヨタの本社のある東海地方の他、西の方で人気のようだ

▲3つの地方で1位となったハリアー。トヨタの本社のある東海地方の他、西の方で人気のようだ

<東海地方>

1位 トヨタ ハリアー(現行型)

2位 マツダ RX-8(初代)

3位 マツダ デミオ(現行型)

トヨタのお膝元、東海地方ではやはり1位はハリアー(現行型)。一方で、デミオ(現行型)やワゴンR(2代目)などのコンパクトカーや軽自動車と並んで、RX-8(初代)やロードスター( 2代目)、86(現行型)などのスポーツカーが上位にランクイン。普段使いの車と趣味グルマとしてのスポーツカーの人気が共存しているのが特徴だ。

<四国地方>

1位 トヨタ ハリアー(現行型)

2位 トヨタ クラウンマジェスタ(4代目)

3位 トヨタ ヴェルファイア(現行型)

トヨタ車が4位までを独占した四国地方。トップ10にはクラウンマジェスタ(4代目)の他、シルビア(3代目)など比較的低めの価格帯から狙えるセダンやクーペがランクインしており、この傾向は四国地方にのみ見られる。一方で、アクセラスポーツ(現行型)や86(現行型)といった走りが楽しめる車も人気を集めている。

<九州・沖縄地方>

1位 トヨタ ハリアー(現行型)

2位 マツダ RX-8(初代)

3位 ダイハツ コペン(初代)

全地方の中で唯一、軽自動車が3位以内にランクイン。コンパクトカーが人気なのかと思いきや、ハリアー(現行型)やランドクルーザープラド(現行型)のような大きめのSUVも人気のようだ。また、他地方では上位にランクインした大型ミニバンはトップ10には入らず。大きめサイズの車なら、ミニバンよりもSUV人気の方が高いといえる。

昨年1位のマツダ RX-8も根強い人気

昨年のイヤーカーで今年は2位となったマツダ RX-8(初代)も地域別で見ると人気がある。北関東、関東、中国地方ではRX-8が1位となった。

▲3つの地域で1位となったRX-8。昨年の1位とだけあって、やはり人気は高い

▲3つの地域で1位となったRX-8。昨年の1位とだけあって、やはり人気は高い

<北関東地方>

1位 マツダ RX-8(初代)

2位 トヨタ ハリアー(現行型)

3位 スバル レガシィB4(2代目)

昨年のイヤーカーであるRX-8(初代)が1位に。6位にインプレッサSTI、9位にインプレッサスポーツ(初代)がランクインするなど、スポーツカー人気が高い。一方で、ハリアー(現行型)やアルファード(現行型)、ヴェルファイア(現行型)も上位に顔を並べ、高級感のある車も注目を集めている。

<関東地方>

1位 マツダ RX-8(初代)

2位 トヨタ アルファード(現行型)

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。