体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Imisiru(イミシル)』単語を撮影するだけで翻訳できる海外旅行にうってつけの便利道具の実力を検証!

2016年4月にキングジムから発売されたImisiru(イミシル)。海外旅行などで役立つ、知らない単語を撮影すると、その単語を文字として読み取り単語の意味を表示してくれる商品だ。いかにも魅力的で便利そうな商品なのだが、Amazonでは低評価…。そんな『Imisiru(イミシル)』を今回は徹底的に検証してみることにしよう!

スマホの翻訳アプリは通信環境がないと使えない、中国語や韓国語はそもそも入力方法がわからない、そんな時に!

 

キングジムと言えば、名刺を写真に撮って管理する「メックル」や、以前おたナビでも紹介した「デジタルメモ ポメラDM200」のような、ニッチながらも実用性の高さでワクワク感を与えてくれる商品を多く取り扱っている会社。

 

記者のImisiru(イミシル)』(希望小売価格 税抜12,000円・発売中)に対するファーストインプレッションは、「めちゃくちゃ便利そう!」。丁寧にケースにしまった二つ折りの電子辞書だと、取り出すのも億劫になってしまうことが多々あるが、このお手軽なサイズ感なら気軽に取り出しやすいだろう。

 

普通ならスマホの翻訳アプリを使用すればいいじゃないかと思うかもしれないが、海外で普段使用しているスマホを使うとなると、現地のSIMに差し替えるなどの対策を取らないと通信費が高額になってしまうこともあるし、Wi-Fi接続するのも設定などの手間がかかり、敷居が高い。また電子辞書を使うにしても、英語ならまだしも、中国語や韓国語を入力すること自体が難しい。

 

そんな時に大活躍してくれるだろう商品がこの『Imisiru(イミシル)』。取り込んだ画像を自動でテキスト化してくれるOCRを搭載しているため、撮影した文字を自動で認識し辞書引きしてくれる。

 

手のひらサイズ、100gに満たない軽さも魅力

 

本体の大きさは2.4インチ。クレジットカードやSuicaと同じぐらいの大きさで、手のひらサイズ。

 

質量は電池を入れても100g弱とかなり軽め。記者のiPhone5s(112g)よりも軽い。

 

別売の単4電池2本で動くため、多くの電子辞書とは異なり充電は不要。1日あたり10分間の使用を想定すると約12日間使用可能だ。1週間程度の海外旅行で利用するにはちょうど良いかもしれないが、わからない単語だらけだと1日に10分以上使用するだろうから、少し持ちは悪いのかもしれない。ただ世界各国で入手しやすい乾電池が使用できるのはいい。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。