体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

骨董商約500店が会する日本最大級のアンティークフェア「骨董ジャンボリー」開催

antique_jamboree_2017_02

2017年1月14日(土)・15日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイトにて「骨董ジャンボリー 2017 NEW YEAR」が開催されます。

全国から約500もの骨董商が集結する日本最大級のアンティークフェア。冬と夏の年2回開催され、毎回1万人以上が訪れる人気イベントです。

和骨董/洋骨董/トイ&コレクタブルの3つのジャンルに分けて構成された会場には、世界各国のアンティーク家具や雑貨、ヴィンテージの食器やアクセサリーなど、1日では見尽くせないボリュームのアンティーク品が登場。一番出展数の多い和骨董エリアでは、日本以外にもネパールやチベット、中国などアジアの骨董が並びます。

毎回特別展が企画されていますが、今回のテーマは「椅子の世界」。アンティークコレクターであり写真家のムッシュトクオカ氏による、椅子が生み出す世界観を紹介します。

今回も会期初日の1日前に「アーリーバイヤーズデイ」を開催。バイヤーだけでなく一般の方の入場も可能なので、いち早く掘り出し物を探したい方にはこちらもおすすめです。

会場内にある飲食店で休憩を挟みながら、お宝探しをじっくりご堪能ください。

antique_jamboree_2017_03 TOY・コレクタブルエリアでは、懐かしい昭和レトロのアイテムの他、アメリカンアンティーク、北欧・東欧のヴィンテージなどが並びます。 antique_jamboree_2017_04 洋骨董エリアには、オールドノリタケやオールドバカラなどの根強いファンが多いアイテムも。 antique_jamboree_2017_05

アンティークジュエリーやファッション小物も並びます。

骨董ジャンボリー 2017 NEW YEAR

会期:2017年1月14日(土)・15日(日) 10:00~17:00 ※チケット販売~16:30

会場:東京ビッグサイト 東1ホール/東京都江東区有明3-21-1

入場料:当日入場券(2日間有効) 1000円(税込)

問合せ:骨董ジャンボリー実行委員会/0120-817-510

詳細:http://home.att.ne.jp/sun/jambokun/antique/index.html

アーリーバイヤーズデイ

会期:2017年1月13日(金) 10:00~17:00

会場:東京ビッグサイト 東1ホール/東京都江東区有明3-21-1

入場料:アーリーバイヤー券(3日間有効) 3000円(税込)

Writing:Akiko Okawa

Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事リンク(外部サイト)

欠けた陶磁器の「繕い」を特集! 松屋銀座で「繕う展」開催
祝・世界遺産! ル・コルビュジエ3作品の建築模型を公開中
無印良品のFound MUJIが東北にフォーカス、「北のもの」展で岩手・山形・秋田の道具を展示販売

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。