体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HDMI、ダイナミックHDRや8K60・4K120をサポートした「HDMI 2.1」を発表

HDMI Licensing Group は 1 月 5 日、HDMI 規格のアップデート版仕様「HDMI 2.1」を発表しました。HDMI 2.1 の主な新機能は、ダイナミック HDR のサポート、8K60 と 4K120 というさらに高画質で高フレームレートな動画の転送をサポートしたことです。主に 4K / 8K テレビ向けに画質の強化が行われたことになり、スマートフォンではまだこの恩恵を受けられそうにありません。代表的な「ダイナミック HDR」は、HDR 動画の基本となる符号化方式「HDR10」の最初だけ HDR 信号を送信するのとは違って、ダイナミック HDR では、シーンまたはフレーム単位で HDR 信号をテレビに送信する方式で、これにより明るさと色のレベルをより細かく制御できるとされています。ただ、HDMI 2.1 でサポートした画質で映像を転送するにはを新しい、48 Gbps に対応した HDMI ケーブルが必要になります。HDMI 2.1 では従来の HDMI 1.3(最大 10.2Gbps)や HDMI 2.0a(16Gbps)のケーブルも使用可能ですが、一部の高画質映像は帯域不足のために転送することができません。Source : HDMI

■関連記事
CES 2017 : Misfit、タッチスクリーンやGPSを搭載したスマートウォッチ「Vapor」を発表
CES 2017 : Mattel、Amazon EchoやGoogle Homeのようなスマートスピーカー「Aristotle」を発表
Galaxy S8の発売日が4月18日で暫定確定したらしい

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。