体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017年 メモリアルイヤーを迎える作曲家たち

2017年 メモリアルイヤーを迎える作曲家たち
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING CLASSIC」。新年最初の週は、日本クラシックソムリエ協会理事の田中泰さんのセレクトで、2017年のクラシックのメモリアルイヤーに注目しています。

最終日となった1月5日(木)のオンエアでは、ゴールデンウィークの東京をクラシックに染め上げる「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2017」を紹介しました。

13年目となる今年のテーマは、「ラ・ダンス 舞曲の祭典」。太古より、人が踊るところにはいつも音楽が奏でられていた、という流れで、ルネサンス期から現在に至る600年間のダンス音楽を集大成。躍動感に満ちたステージが期待できそうです。「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2017」は、5月4日、5日、6日の3日間、東京国際フォーラムで開催されます。

番組ではダンスの要素の強い傑作、バーンスタインの「ウエスト・サイド・スト−リー」から「マンボ」をお届けしました。

そのほか、今週の「MORNING CLASSIC」で紹介した「2017年注目のメモリアルイヤーを迎える作曲家」は次の通りです。

1月2日(月)は、バッハやヘンデルと同じ時期に活躍した、バロック時代を代表する作曲家の一人で、没後250年の作曲家・テレマン。

1月3日(火)は、今年生誕450年を迎える、ルネサンス期に活躍した作曲家・モンテヴェルディ。現在演奏されているオペラの中では、最も古い時期の作品を遺した作曲家としても知られています。

1月4日(水)は、生誕150年を迎えたスペイン国民楽派の旗手、グラナドス。ピアノ曲「ゴイェスカス」や「スペイン舞曲集」が特に有名です。

2017年のクラシックの1曲目は、こんなメモリアルイヤーに注目してみるのはいかがですか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。