体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コミュニケーションが苦手だと思う人が「意識していない」こと

コミュニケーションに関するビジネス本を約20冊も出されている、 コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第1回目は「コミュニケーションが苦手だと感じている人が、あまり意識していないこと」についてです。f:id:k_kushida:20161219183837j:plain

こんにちは、はじめまして。コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀です。突然ですが、まずは自己紹介から。私は、対人コミュニケーションの専門家として20冊の著書の出版し、セミナーや講演を通じて、「日本からコミュニケーションで悩む人を日本から無くす!」というビジョンを掲げて活動しています。

今回は、ビジネスで成功するために必要なコミュニケーションスキルについて、お伝えできればと思います。

日本人の7割が「コミュニケーションが苦手」

「雑談が苦手」

「人見知りなので初対面が苦手」

「何を話したらいいのかわからない」

「上司との会話が、とても気まずい」

こういった悩みをお持ちの方は多いようです。総務省の調査によると、「コミュニケーションが苦手な人は全体の7割」という公的データがあります。

つまり、会話が苦手だと感じているのは、あなただけではありません。

周りの人は苦手意識もなく、自由自在にコミュニケーションを取っているように見えるかもしれません。しかし、7割の人は、「コミュニケーションが苦手」と感じているのです。

私は現在、コミュニケーションの専門家として、20冊近くの書籍を出版しています。普段は講師として日本全国を駆け回り、先日は台湾から講演のオファーがあり、300人の台湾人相手にコミュニケーションスキルや営業スキルを講演するなどの活動をしています。

こんな自己紹介をすると、「どうせ、昔からコミュニケーションがうまかったんでしょ」と思われがちが、20代の頃の私にとっては、初対面の人に話しかけるなんて、とんでもないことでした。初対面の人と話すのが大の苦手で、ちょっとしたことで赤面症になり、雑談の一つもできないような人間でした。

私はコミュニケーションが苦手で、上司から「ダメな奴」と言われ続けていた

私は、元々ギタリストになるために、高校を卒業後に青森から上京したのですが、東京に来たら、自分の訛りをからかわれるのがとても嫌で、ますます話さなくなりました。元々口下手だったのに輪をかけて、最低限しかしゃべらないし、いつも意思表示があいまい。そのために、「オマエは何を考えているのかわからない」と言われるのもしょっちゅうでした。

そんな口下手な私が、ひょんなことから訪問営業の世界に飛び込みました。高額な英会話の教材を売る仕事です。「音楽活動をしながら、空いた時に片手間で何十万と稼げるよ」という言葉に惹かれて始めたわけですが、やっぱり社会はそんな甘いものではありません。売れないせいで、朝から夜までアポイントの電話をかけ続けて、訪問して、商品の説明をするという一連の営業活動を、朝から晩まで繰り返すことになります。売れない私は、結局、ギターの練習をする暇がないほどになり、そのうちギタリストの夢はしぼみ、25歳であきらめました。心の拠り所にしていた音楽も無くなったことで、ますます自分に対して自信がなくなったのです。

コミュニケーションというのは、実は「2つの方向性」があります。一つは、他人とのコミュニケーション。もう一つが自分自身に対してのコミュニケーションです。他人とどのように関わるのかは、コミュニケーションスキル次第です。でも、自分自身をいつも卑下して、自分自身にダメ出しをして、自分とうまくコミュニケーションが取れていないと、せっかくのコミュニケーションスキルも役に立ちません。

当時の私は、そのどちらもないのですから、うまくいくはずもないのが当然でした。

上司からは、「オマエは何をやっても、ホントにダメな奴だな」と言われる毎日を過ごしていました。それでも、営業を続けていたのは、「学歴も資格もない私に残されたのは、営業の仕事しかない…」という消極的な動機だけでした。

コミュニケーションが苦手な人がやってしまいがちなこと

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。