体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AAA毎年恒例イベ【AAA NEW YEAR PARTY】ピコ太郎が登場で「PPAP」披露 

AAA毎年恒例イベ【AAA NEW YEAR PARTY】ピコ太郎が登場で「PPAP」披露 

 AAAが年明け早々に行う毎年恒例のイベント【AAA NEW YEAR PARTY 2017】にピコ太郎が登場した。

AAA×ピコ太郎 ライブ写真

 今回のライブは、AAAが年末の国民的番組『第67回NHK紅白歌合戦』に出演したすぐ後、東京体育館での開催となり、紅白歌唱曲でもある「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」からスタートした。会場全体でタオルを振り回し、ハッピーニューイヤーと新年を祝福したあと「GAME OVER?」へと続き、会場はパーティーモードへ突入。2016年を代表する新曲「NEW」「涙のない世界」から「HORIZON」のような懐かしの楽曲まで披露し、会場のテンションも最高潮に達した。

 アンコールでは、リーダーの浦田直也が「流行りを横取りします。やってみたいと思います」と話し、メンバー7人でピコ太郎の「PPAP」を軽快なダンスで披露すると会場は初笑いに包まれた。しかし、直後にステージ後方のスクリーンにピコ太郎のロゴが映し出されると会場がざわつき、ピコ太郎本人が「PPAP」を披露しながらサプライズ登場。「AAAさんはデビュー前から知っていまして、こんなとんでもないビッグスターになるとは全然。みんなのこと大好きなので本当にこう今舞台立つと10年くらい前を思い出しますね」とプロデューサーの古坂大魔王と同期でもあるAAAのことを労った。

 メンバーの末吉秀太に「でもピコ太郎さんは初めてじゃないですか」と突っ込まれ、「そこはふわっとさせといて」と慌てる場面もありつつ、最後には「本当に心を込めて言わせて下さい。ありが玉置浩二」と感謝を述べて会場を後にした。

 ラストはおなじみの「虹」で締めくくり、浦田が「これからもがっつりAAAは前に進んで行きたいと思いますので、今年もよろしくお願いします!!」と新年最初のライブに幕を下ろした。

関連記事リンク(外部サイト)

ローラ/AAA伊藤千晃/Dragon Ash ATSUSHIらも会場に! 日本初のアートフェア【ART PHOTO TOKYO】開催
AAA 初ドームツアー【FANTASTIC OVER】ファイナル公演でニューシングル&ニューアルバム発売を発表
『Mステ』AAA、6年ぶり出演は豪華コラボ「緊張しすぎてお腹が痛かった」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。