体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【先ヨミ】仮面女子 2年ぶりSGが首位を走る、舞祭組が後を追う展開

【先ヨミ】仮面女子 2年ぶりSGが首位を走る、舞祭組が後を追う展開

 SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートから、2017年1月2日~1月4日までの集計が明らかとなり、仮面女子『仮面大陸~ペルソニア~/ISUMI~四季彩の街で~』が1位を走っている。

 “最強の地下アイドル”がキャッチフレーズの仮面女子。本作は2年ぶりにリリースされた4thシングルで、インディーズ女性アイドルとしては驚異的な74,365枚を売上げて現在首位に立っている。そして、その仮面女子を約18,000枚差で追いかけているのが、Kis-My-Ft2の横尾渉・宮田俊哉・二階堂高嗣・千賀健永によるユニット、舞祭組の4thシングル『道しるべ』だ。トップ争いはこの2組で展開されており、仮面女子がこのまま週間売上げでもトップをキープするのか、それとも舞祭組が週末にかけて売上げを伸ばして逆転トップとなるのか、次週発表の集計結果を待ちたい。

 3位から5位までは、集計2週目以降の作品が並ぶ。3位は、星野源『恋』。欅坂46『二人セゾン』が4位。5位は、2016年の最終週のシングル・セールス・チャートを制したNMB48『僕以外の誰か』が入っている。

◎SoundScan Japanシングルセールス集計速報
(2017年1月2日~1月4日までの集計)
1位『仮面大陸~ペルソニア~/ISUMI~四季彩の街で~』仮面女子 74,365枚
2位『道しるべ』舞祭組 56,345枚
3位『恋』星野源 7,221枚
4位『二人セゾン』欅坂46 6,066枚
5位『僕以外の誰か』NMB48 4,007枚

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】16年最終週は、NMB48『僕以外の誰か』が364,403枚を売り上げ独走でシングル・セールス1位に
【先ヨミ】back number『アンコール』が現在トップ、SMAPが約3.8万枚で2位
ALLSAINTSとビルボードライブがコラボイベントを開催。第一回目のゲストにTHE BAWDIESが決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。