体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マグロを使った洋食料理

12月30日放送の「洋上の激闘!!巨大マグロ戦争2016」(テレビ東京系、午後17時55分~)では、美味しくて安いマグロの名店を特集したコーナーの中で、虻川美穂子(北陽)さんが「MAGURO・BISTRO・WA-FU(マグロビストロワーフ)」(千葉県成田市)を訪れた。

 同店は公津の杜駅から程近い位置にあるマグロ料理の専門店。席に着いた虻川美穂子さんはメニューを見て気になった料理「ロールキャベツ・クリームソース(ライス・サラダ付き)」(880円/税抜き)を注文。運ばれてきた料理を見て「ほんとにロールキャベツだ!洋食屋さんのロールキャベツ、どういう状態のマグロなのか気になりますよね」とコメント。「頂きまーす」と言いながらロールキャベツをナイフとフォークで切り、その断面を見て「わっ!見た目はいわゆるロールキャベツ!」と言ってから一口食べて、「んんっ、んっ!後味にこうふんわり、濃い~っていう感じじゃないですよ」「洋食屋さんのロールキャベツすごい美味しいじゃないですか、その感じです!」とコメントした。次に虻川美穂子さんはマグロの尾の身を使用した「マグロのテールシチュー」(980円/税抜き)を一口食べ、「ん~っ!!このスープの中にもマグロの旨味が滲み出てる!」とコメント。そして、マグロのホホ肉に香味野菜を入れたパン粉をつけ、オリーブオイルを使って弱火で焼き上げた「ホホ肉のカサノバ風カツレツ」(780円/税抜き)を頂くと、「ん~んっ!なんかお肉とマグロの間みたいな感じですね」「商店街で売ってる魚のフライとは全然違う!」と声を上げた。

 他にも同店ではマグロのお腹の身をガーリックで炒めた「ガーリックステーキ」(980円/税抜き)等が楽しめるそうだ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:まぐろ料理 ビストロわーふ (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:成田・佐原のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:成田・佐原×居酒屋のお店一覧
様々な食感にカラフルな見た目の「鶏レバーと黄ニラの炒め」
お好みで具とドレッシングが選べるサラダ専門店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。