体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ZTE、クラウドソースフォン“Project CSX”を「Hawkeye」に命名し、Kicksarterで販売開始

ZTE は 1 月 5 日、スマートフォンのアイデアコンペ “Project CSX(Crowd Source X)” でユーザー投票 1 位に輝いた Android スマートフォンを「Hawkeye」と命名し、Kickstarter でクラウドファンディングのキャンペーンを開始しました。した。Hawkeye は同社のコミュニティサイトで応募のあった 540 件を超えるアイデアの中から 1 位に選ばれた Android スマートフォンで、Kickstarter のクラウドファンディングを通じて $199 で販売されます。Hawkeye の特徴は多彩なアイトラッキング機能を搭載してハンズフリーで操作できる点と、デザインをカスタマイズできる自己吸着型のバックカバーに対応している点です。他のスペックについては、Android 7.0 Nougat、5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの液晶、背面にデュアルカメラ、大容量バッテリー、Micro SD カードスロットを搭載しているといったことくらいで、フルスペックはまだ公開されていません。Hawkeye は 2017 年 9 月に発送される予定です。Source : Kickstarter

■関連記事
Xperia X Compact / X Performance / XZ向けにFinonブランドのアルミメタルバンパーケースが発売
CES 2017 : ZTE、$299のデュアルカメラスマートフォン「Blade V8 Pro」を発表
KDDI、1月11日に「au 発表会 2017 Spring」を開催

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。