体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヒステリックパニック、初となるミニアルバムのリリースを新春ライブで発表

ヒステリックパニックが毎年恒例の新春興業「あけましておめDEAD! 今年もよろSICK! 2017」を1月4日にZEPP NAGOYAで開催し、2017年は今まで以上に精力的にライブを行っていくことと、初夏にはバンド初となるミニアルバムをリリースすることを発表した。
1月4日@ZEPP NAGOYA (okmusic UP's)
今年は今年5月に同じBLACK SHEEP RECORDSからメジャー・デビューが決定したBACK LIFT、そしてメンバーチェンジを経て再始動しはじめたTHREE LIGHTS DOWN KINGSとの3マン公演。同世代で、ジャンルは違えど名古屋のシーンを引っ張ってきた盟友とも言えるバンドが登場したイベントだけあり名古屋中のライブキッズが集合したかのように開場前から大きな盛り上がりを見せた。

オープニングゲストの THREE LIGHTS DOWN KINGS、BACK LIFTのステージでフロアの熱気が上昇していく中、満を持してヒスパニが登場。オープニングSEの「Chaos Step」が流れただけでオーディエンスの興奮は絶好調に。オープニングはヒスパニのインディ時代の代表曲「人生ゲーム」。続いて2ndアルバム『ノイジー・マイノリティー』より「Brain Dead」、「しぐなる」とたたみかけるように熱いステージを披露。

そしてVo.ともから「2017年はライブで行けていないところも含めて、昨年まで以上にライブの回数を増やしていくから、みんな遊びに来てくれよな〜。夏前にはミニアルバムをリリースしまます。ライブにふさわしい新曲をつめ込んだそれもってライブ周っていくから」と今年の活動指針が発表された。

その後も熱い楽曲を演奏し、入手困難な会場限定シングル「Extra Issue」収録曲の「AM27:00」で本編は終了。アンコールででんぱ組inc.へのオマージュ曲「でんでんひすぱっしょん」、ヒスパニの原点「WiLL」にて約50分のステージは終了となった。

初夏にリリースされる予定のミニ・アルバムは、初期のヒスパニを彷彿とさせる重く、スラッシーなリフの中にもメタル・コア勢とは違うポップなメロディ・ラインとハーモニーが融合した、彼らの魅力を十二分に発揮した楽曲を中心に、“ひたすらライブで盛り上がれる、暴れられる”というバンドの原点とも言うべき楽曲を詰め込んだ作品になる予定だ。作品内容、商品詳細等は確定し次第発表になるとのことで、こちらも楽しみにしてほしい。

Live Photo by Rui Hashimoto

1月4日@ZEPP NAGOYA (okmusic UP's)
1月4日@ZEPP NAGOYA (okmusic UP's)
1月4日@ZEPP NAGOYA (okmusic UP's)
ヒステリックパニック (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。