体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

池澤あやかとプログラミングで学ぼう!機械学習のための数学講座【確率分布編】

機械学習のための数学ゼミ開講!

今なにかと話題の機械学習。これを期に機械学習をはじめてみようかなと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際に機械学習をはじめてみると、数字や数式、グラフのオンパレードに目眩を起こしそうになります。数学が苦手な方にとってはなかなかハードルが高いのが現状です。

ただすごく面白そうな分野なので、このまま指をくわえてみているだけというのも寂しいですよね。

というわけでこの度、CodeIQ MAGAGINEでは「機械学習のための数学ゼミ」を開催することになりました。数学が苦手な皆さま、これを期に復習したいと思っている皆さま、一緒に勉強していきましょう!

▲「CodeIQ数学ゼミ」問題の挑戦者の中から、厳正な審査を経てゼミに参加してくれた皆さん。増井雄一郎さんも普通に応募してくれました(笑)。

<登場人物>


池澤あやか
タレントときどきエンジニア。数学は苦手だけど、機械学習入門したい。


増井雄一郎
株式会社トレタのえらいエンジニア。本人曰く、プログラムは書けるけど数学をまともに勉強したことがない。


梅崎先生
今回数学を教えてくれる先生。社会人のための数学教室「すうがくぶんか」の講師。

プログラミングで数学を学ぶ!


「ぶっちゃけ数学がすごく苦手で、全然わからないです」


「僕もです」


「皆さんはエンジニアなので、数学もプログラムに起こしてみると、もしかしたら理解が早いかもしれませんね。例えば、数学でよく使うΣをプログラムで書いてみましょう。するとこんな感じになります。言語は機械学習でよく用いられるPythonを使って書いてみます」

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。