体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「患者に落書きするんじゃない!」とキレた救急隊員

プロの芸人たちがよりすぐりの傑作エピソードを披露! クスッと笑える「すべりにくい話」をお楽しみください。

ep105

「患者に落書きするんじゃない!」とキレた救急隊員

ハマカーン浜谷です。

 

大学の柔道部で、毎年学園祭の時、 臼と杵を用意して餅をついてたんです。

 

後輩にスキンヘッドの奴がいて、「合いの手」っていうんですかね?

餅を返す役やってたんです。

 

それで、学園祭だから、OBとか、来るんですよ。

 

スキンヘッドは礼儀正しいから、 「◯◯先輩、おはようございます!」 って思い切り頭下げたら、 杵が頭にゴツーン!

血がプシューっと出て、 「ヤバイ、救急車だよ!」って言ったんだけど、みんな酔っぱらっていて、 そいつ、頭に顔の絵を描いてたんです………ちょうど、顔の鼻のところから血が出て、 鼻血みたいになってる………

 

救急車が到着して、 救急隊員がそいつ見て 「患者に落書きするんじゃない!」って めちゃめちゃ怒られました。

 

オモプラッタの記事一覧をみる
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。