体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

追跡アプリを使わずに移動履歴を監視する方法

追跡アプリを使わずに移動履歴を監視する方法

Androidには「ロケーション履歴」という位置情報を日付ごとに逐一記録する機能があります。ランニングコースを確認したり、旅行の思い出を振り返るなど、過去の自分の行動を確認する時に非常に役立ちます。じつはこの機能で、追跡アプリを使わずに移動履歴を監視するこができるのです。

追跡アプリとしてロケーション履歴

「ロケーション履歴」の機能を有効にしたスマホをターゲットに持たせておけば、追跡アプリとして使えてしまいます。ターゲットのAndroidで機能を有効にし、ターゲットのGoogleアカウントでログインしてもよいでしょう。

Androidスマホの「ロケーション履歴」を有効にするには、スマホの設定をタップし、「Google」を開きます。バージョンによっては「Google設定」アプリを開いてください。

「位置情報」→「Googleロケーション履歴」を選択。順にタップしていきます。バージョンによっては「現在地送信機能」もオンにしてください。ロケーション履歴を有効にし、「この端末」をオンにする。これで追跡アプリの準備完了です。

追跡アプリのように行動を監視する

移動履歴は、Googleマップの「タイムライン」機能から確認可能です。端末と同じアカウントで、Googleマップにログイン。「タイムライン」を開きます。左上の項目から、ロケーション履歴の日付を指定しましょう。

指定した日の移動履歴が、Googleマップ上に表示されます。移動ルートはもちろん、距離・移動手段・各地点での滞在時間に至るまでしっかり記録されるので、追跡アプリのように行動のすべてを監視・把握できてしまうのです。

さらに、追跡用のスマホとは別にもう1台スマホを用意し、同じGoogleアカウントを設定しておきます。すると、履歴を確認しながらほぼリアルタイムに追跡が可能。スマホでも「マップ」のメニューを開き「タイムライン」を選択します。

関連記事リンク(外部サイト)

Twitter乗っ取りのパスワードを入手する方法
Amazonのあわせ買い対象商品を単体買いする
写真から位置情報や住所を手に入れる方法!!
違法ダウンロードで逮捕されないための基礎知識
Amazonギフト券の使い方で絶対得するテク

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。