体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

笑う門には麺類アリ! 「麺屋寄席」で味わう古典落語とアツアツ味噌煮込みうどん【名古屋】

f:id:Meshi2_IB:20161224165902j:plain

気取らずに普段着のまま楽しめるきしめんや味噌煮込み。それらを出す「麺類食堂」は、名古屋のいたるところに点在し、また歴史のあるお店が多い。にもかかわらず、老舗であることを鼻に掛けることはない。どの時代も大衆とともに歩み、歴史を刻んできたのだ。

名古屋市内を中心とした麺類食堂で2月末まで「麺屋寄席」が開催される。企画したのは名古屋市東区にある「森田屋」の四代目店主で愛知県麺業青年会副会長を務める玉津亮さん。

f:id:Meshi2_IB:20161224165259j:plain

同業の仲間が落語家の雷門福三さんの知り合いで、何度か寄席を開いたと聞きました。せっかくなら組合のイベントとして取り組めないかと思ったんです。(玉津さん)

f:id:Meshi2_IB:20161224165315j:plain

▲雷門福三さんは名古屋で活躍する落語家。また、役者としてドラマやCMなどに出演しているほか、大須で駄菓子バー「チャーリーズ」も営む。

お客さんにわざわざ演芸場に来てもらうよりも、こっちから行こうと。で、これまでは銭湯で寄席を開いていたんですよ。常々、垣根の低いことをやりたいと思っていたので、麺類組合からのオファーを快諾しました。(雷門福三さん)

銭湯での寄席は名古屋に限らず、全国各地で開催しているだろう。福三さんによると、関東ではそば店でも開いているらしい。名古屋の片田舎で暮らす私としては、どうしても関東のそば店、と聞いただけで身構えてしまう。私が勝手にイメージしているだけかもしれないが、どうしてもハードルの高さを感じてしまうのだ。

しかし、名古屋エリアの麺類食堂であれば、リラックスして楽しめそうだ。そんなわけで、「森田屋」で開催された「麺屋寄席」へ行ってきた。

「時そば」を名古屋風にアレンジ

こちらが「森田屋」。店構えからして、独特の風情がある。

f:id:Meshi2_IB:20161224165403j:plain

「森田屋」は11:00~15:00の昼のみの営業だが、「麺屋寄席」は18時開演。入り口で木戸銭2,000円を支払い、テーブルと布、座布団でこしらえた高座の前に並べた椅子に座った。

f:id:Meshi2_IB:20161224165437j:plain

18時。おはやしとともに雷門福三さんが登場!

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。