体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

渋谷ロフトにオープン「肥前やきもの圏ミュージアム」


1月6日(金) ~2月5日(日)、渋谷ロフト2階のShibuya City Loungeに、「肥前やきもの圏ミュージアム」がオープンする。

「肥前やきもの圏ミュージアム」は、“観て、触って、体験できる器のミュージアム”をコンセプトにした、新しいスタイルのカフェイベント。展示された陶磁器の鑑賞はもちろん、8つの市町で構成される「肥前やきもの圏」から取り寄せた器を使い、佐賀・長崎両県の食材をふんだんに盛り込んだ特別メニューが堪能できる。


ランチメニュー「肥前の器を楽しむ[佐賀・長崎県産]のごちそう」1200円(税込)では、ふもと赤鶏 ねぎ味噌焼き、飛魚のエスカベッシュ、イカのふくめ煮など、ご当地食材を使用した料理が食べられるほか、計8種の器が楽しめる。


また、ディナーメニューのお皿と、ドリンクメニューのカップは、好きな器を選んで注文可能。肉質やわらかな佐賀県産ふもと赤鶏をグリルし、スパイシーなトマトソースでじっくり煮込んだ「佐賀県産 ふもと赤鶏のトマト煮込みマレンゴ風」は、1300円(税込)と比較的リーズナブルな価格で佐賀の味が満喫できる。なお、ディナーメニューは、1月10日(火)のグランドオープンより提供開始。

■『Shibuya City Lounge』
住所:東京都渋谷区宇田川町21-1 渋谷ロフト2階。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。