体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleによると、Tango対応スマートフォンとアプリは今後続々と登場予定

昨年末に登場した Google Tango スマートフォン「Lenovo Phab2 Pro」に続き、今朝は ASUS から第二弾の Tango スマートフォン「ZenFone AR」が発表されました。CES 2017 の製品発表会の中で、Google の幹部は今年中にさらに多くのハードウェアとアプリがリリースされると述べ、今年は Tango を中心とした AR ブームが再到来しそうです。Google で Tango のエンジニアリングディレクターを務める Johnny Lee 氏は、「2017 年は Tango 対応ハードウェアが増えることに加えて、数ヵ月中には多数の Tango 対応アプリが登場する予定です」と述べました。Tango は専用ハードとソフトウェアを用いて空間をリアルタイムに 3D マッピングする技術です。Lenovo Phab2 Pro や ZenFone AR には Tnago の機能を実現するためのハード・ソフトが搭載されています。ZenFone AR については加えてバーチャルリアリティの「Daydream」にも対応しています。現時点で次の Tango 対応スマートフォンの情報は出てきていませんが、Lenovo が第二弾の発売に意欲的なので、Phab2 Pro に続くモデルが登場すると予想されています。

■関連記事
新しいボディデザインnを採用した「HTC One X10」の製品画像が流出
BlackBerry Mercuryのハンズオン動画
CES 2017 : スマートフォン向け赤外線カメラ「FLIR One」の第三世代モデルはUSB Type-Cに対応

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。