体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

認知症高齢者の徘徊対策に!生活支援見守りサービス「いまどこちゃん」

2016年(平成28年)6月、警察庁生活安全局生活安全企画課が、「平成27年中における行方不明者の状況」を公表しました。その中で、認知症、又は認知症の疑いにより行方不明になった方は12,808人と報告され、3年連続で1万人を超えました。
参照元:警察庁生活安全局生活安全企画課「平成27年中における行方不明者の状況」

認知症への理解が深まり、認知症と診断される方が増えていることはもちろん、高齢者人口増加にも比例していると考えられるため、今後ますます認知症による行方不明者数は増加すると推測されます。

認知症の周辺症状(BPSD)のひとつである徘徊の対策として、警備会社などの民間企業から、さまざまな見守りサービスが出ています。今回ご紹介するのは、居宅支援サービスをはじめ、介護事業所を運営している「やさしい手」の見守り支援サービス「いまどこちゃん」です!
※クリックして拡大

介護に特化した企業ならではのオプション機能など、介護者はもちろんのこと、認知症高齢者のためを思って作られた商品です。

サービス概要

「認知症で高齢の親の徘徊が心配なんだけど、常に見守るのは大変…」
「GPSを持ち歩いてくれるのだろうか…」

そんな声に応えるように、商品化されたGPS見守りサービス「いまどこちゃん」。介護事業に特化した企業ならではのノウハウが詰め込まれています。

サービスの流れ

※クリックして拡大

パソコンやスマートフォン・タブレットから専用ホームページ「いまどこちゃんサイト」にアクセスし、ID・パスワードを入力するだけで、誰でも簡単に「いまどこ」検索ができます。

ID・パスワードを知っている人であればだれでも接続が可能なため、家族・親戚で共有が可能です。また、検索は回数無制限で行えるため、いざというときに利用できないということはありません!
ボタンを押すと現在の位置情報を通知
GPS端末から自己位置通知を元に、GPS端末の現在位置を地図上に表示。現在位置をメール通知します。メール送信先は最大5つ登録が可能です。
専用のページからGPS機能を使って、第三者も位置検索が可能
専用ページから本人以外もGPS位置検索が可能!第三者もGPS端末の現在位置(地図情報) が確認できます。地図の拡大、縮小、移動、測位レベルが表示されます。
ブザー鳴動機能
専用ページより端末のブザーを鳴らすことが可能です。
エリア通知機能
設定したエリアの出入りをメールで通知します。(最小50m、50m単位ごと設定可能)
タイマー設定機能
設定した曜日、時刻、時間間隔(最低5分)で位置をメールで通知します。
ステータス通知
GPS端末において以下各ステータス発生にメール通知します。(位置情報を含む)
電源ON、OFF
電池残量30%、15%、0%
再起動時

ディープスリープ機能
省電力モードにより、待受け時間を延ばすことが可能です。(1日1回のGPSお知らせメール 3ヶ月充電なしでOK※使用状況により異なります)
振動感知通知機能
振動感知が靴を履いたなどの振動を感知しメールで通知します。(感知レベルは設定可能)

ケアシューズのご紹介

ケアシューズ(黒):¥7,800(税別)※クリックして拡大ケアシューズ(茶):¥9,800(税別)※クリックして拡大※クリックして拡大
1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。