体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

780円で真っ赤に輝くいくら丼!駆けつけるべき自由が丘のいくら丼専門店

780円で真っ赤に輝くいくら丼!駆けつけるべき自由が丘のいくら丼専門店

いくら丼 780円 (C)PR/波の

美しく輝く赤い宝石、プチプチのいくら。いくらがたっぷりのった丼を嫌いな人は、まずいないでしょう。北海道や東北へ旅行に出かけた時、海鮮市場や専門店で食べるものだと思い込んでいた私たちに朗報です。東京で、しかも自由が丘で、いくら丼が780円で食べられるって知っていましたか?

780円のいくら丼

780円で真っ赤に輝くいくら丼!駆けつけるべき自由が丘のいくら丼専門店
(C)PR/波の

2016年12月1日オープンの海鮮丼専門店「波の」。お洒落な立地の自由が丘で、いくら丼が780円。ちょっと信じられないですよね。いくら丼がラーメンのような価格だなんて。

しかもオープン記念価格として、12/3までLINE登録で並み盛り780円→300円で提供していたそうです。残念ながら、現在記念価格は終了していますが、780円でも相当おトクだと思いませんか。

780円で本当にいくらが山盛りなのか、食べに行く価値のあるものなのか、気になりますね。そこでSNSをチェックしてみました。

SNSの声

インスタグラム 
いくらがプチプチでメチャクチャ美味しい、行列しているけど回転は早い、たびたび行きたくなるなどの声が聞かれました。

ツィッター 
信じられない、行くしかない、食べたい、お昼に行ったけど満足、さすが自由が丘! などの声が聞かれました。

バリエーション丼も気になる

780円で真っ赤に輝くいくら丼!駆けつけるべき自由が丘のいくら丼専門店

(C)PR/波の

マグロ好きには「天然鮪すき身丼」780円、ひとつに絞れない欲張りなあなたには「いくら&天然鮪すき身丼」1080円、たまにはゴージャスにいきたいあなたは「いくら&生うに丼」1980円とバリエーションも色々。何度も足を運びたくなりますね。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい
札幌在住者オススメの、見るだけで興奮する海鮮丼7選
【山形グルメ】酒田のづけ丼と魚介のだしがきいた冷たいワンタン麺
【全国】知らなきゃ損!新鮮魚介てんこ盛りの贅沢海鮮丼5選

女性ひとりでも入りやすい

780円で真っ赤に輝くいくら丼!駆けつけるべき自由が丘のいくら丼専門店
(C)PR/波の

自由が丘の駅から歩いて4分程度のビルの半地下にあります。女性ひとりでも入りやすい雰囲気の店は、ランチタイムには女性の一人利用も多いそうです。思いついた時に、気軽に立ち寄れそうですね。「真っ赤に輝く幸せ」いくらに会いに、早速出かけてみましょう。

[自由が丘 波の]
[自由が丘にいくら丼専門店 「波の」が新規オープン!コスパが凄すぎる!!]

■あわせて読みたい
120丼以上食べた中のBEST3に入る!コスパ抜群、山形道の駅のいくら丼
値段は日本の4分の1!漁師から激安で購入するアラスカ産いくらに感動
A5よりA4が美味しい!?一頭買いだからこそのコスパが嬉しい焼肉屋

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。