体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

築地市場の“いい顔”を撮り続ける男に聞く「素顔の築地」とは

f:id:Meshi2_IB:20161224134946j:plain

2016年11月に豊洲へ移転するはずだった、築地市場。2017年に突入しても、引き続き築地での営業が継続される予定で、まだまだ話題となりそうだ。

そんな築地に半年以上通い詰め、そこで働く人々のポートレートを撮り続けている男がいる。『メシ通』でもおなじみのカメラマン、沼田学さんだ(写真上)。

話をしてくれる人:沼田学さん

沼田学

北海道生まれ。会社員・解体工・露天商・ローディーなど思い切り遠回りして2003年フリーランスに。雑誌・広告など中心に幅広く活躍中。「どこにでも行きます」(本人)。instagram:@numatamago

まず、なにはなくとも沼田さんの撮影による写真を見て欲しい。

f:id:Meshi2_IB:20161224134524j:plain f:id:Meshi2_IB:20161224134553j:plain f:id:Meshi2_IB:20161224134424j:plain f:id:Meshi2_IB:20161224134443j:plain f:id:Meshi2_IB:20161224143844j:plain

みんな、すっごくいい顔しているでしょう?

問題の渦中であることを特に気にすることもなく、日々汗を流す男たちは、目の前の仕事とターレー(卸売市場などで利用されている運搬車)の進む先を真っ直ぐ見つめている。

今回、この築地で撮りだめた写真を集めた展覧会が、東京・新宿で行われるとのこと。そこで、沼田さんが作品撮りの場所として「築地」を選んだ理由、現場で感じたことを聞いてみた。

ターレー乗りたちにひかれて

f:id:Meshi2_IB:20161224135920j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。