体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ダイエット&アンチエイジング】美しくなるにはこう食べる!~朝食~

【ダイエット&アンチエイジング朝食】美しくなるにはこう食べる!
代謝を高めて細胞の再生やエネルギー消費を活発にするには、日中のエネルギー源となる「朝食」が欠かせません。食べないなんてもったいない!朝食を楽しんで、スリムで若々しい身体を叶えましょう。

朝食は「食べる」

エネルギー不足は老化の原因。やせるためにとエネルギー摂取を極端に控えると、不足分のエネルギーを補うために筋肉や骨を削ってしまいます。一見、やせたように感じますが、筋肉は衰えれば運動機能が低下し、消費できるエネルギー量も少なくなってしまいます。

ボディラインを引き締めるのも筋肉の役割の一つ。筋肉の減退は、シワやたるみも招きます。骨がやせ細れば、将来の運動機能を失ってしまう可能性も・・・。

栄養素を隅々まで行きわたらせ、全身のはたらきを活性化するためには、朝食を摂るのがおすすめ。おいしく楽しい朝を過ごして若々しい美人を目指しましょう。

朝食のイメージ

ダイエット&アンチエイジングのための「朝食」とは?

朝は、全身のはたらきを活性化するエネルギーをチャージする時間帯。多少食べ過ぎても、1日のうちに消費することができますから、ダイエット中でも安心してとることができる食事です。

炭水化物(糖質)を不足させないように、ごはんやパンを食べましょう。しかし白米や白いパンは、血糖値を上昇させやすく、太りやすい食材ですので注意が必要です。食物繊維が豊富な野菜や細胞の原料であるたんぱく質(肉や魚、豆製品、乳製品など)が豊富な食材と合わせることで、腹持ちがよく太りにくくなります。

朝のパンのイメージ

効果を高める食べ方のコツ

食事中に気をつけたいのは次の3つ。

1:よく噛んで食べる(1口50回を目標に!)
2:味わって、ゆっくりと食べる
3:汁物や野菜から先に食べる

よく噛み、ゆっくり時間をかけて食べることで、食事の満足感を高める効果が期待できます。また、水分が多い味噌汁やスープは、食事の最初に食べることでほっこりと落ち着くことができ、空腹によるどか食いの勢いを抑えることが可能。

食物繊維がたっぷり含まれている野菜は、血糖値の急上昇や脂質の吸収を抑える効果や、腸内環境を整える効果が期待できます。

SOUPのイメージ
朝からおいしく楽しくエネルギーをチャージすることで、1日を軽やかに、エネルギッシュに過ごすことが可能。内臓機能・運動機能の向上や、消費カロリーのアップにつながります。老化予防にもダイエットにもおすすめ!ぜひ、明日からエネルギーをチャージする生活に切り替えてくださいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

年末年始がチャンス!彼を“最高の旦那さま候補”へと育てる方法
どうせ食べるならコレにしよ!すぐ手に入るビューティおやつ3選
【レシピつき】美肌づくり&便秘解消にぴったり!水菜&パプリカの生春巻き
わきの肉を落とす!老廃物を流すマッサージ&ストレッチ3つ
爪もお部屋もキレイに保つ!こすり掃除はお手軽「コットンスティック」で♪

生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。