体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

PIERROT×DIR EN GREY かつて人気を二分していたヴィジュアル系バンドのビッグプロジェクト始動

PIERROT×DIR EN GREY かつて人気を二分していたヴィジュアル系バンドのビッグプロジェクト始動

 2006年4月に解散した伝説のヴィジュアル系ロックバンドPIERROTと、人気ロックバンドのDIR EN GREYによるプロジェクト「ANDROGYNOS」が始動する。

 ヴォーカルのキリトを中心にアイジ、潤、KOHTA、TAKEOの5人から成るPIERROTは、1995年に活動を開始。メジャーデビューは1998年だが、その翌年には、当時としてはデビュー最短で日本武道館公演を行い話題になった。また、米ロックバンドのマリリン・マンソンやメガデス、ミスフィッツなどとの異色コラボレーションや、アリーナ級の会場でのライブなどでファンを増やしていったが、2006年4月2日の東京・日比谷野音でのライブを最後に突如、解散を発表。その後はコンサートはもちろん、釈明もしないままファンの前から姿を消していたため、ロック業界では「現在のロックシーンを牽引する数多くのバンドにも影響を与えてきた存在だった」と悔やむ声が多かった。

 DIR EN GREYは、今年で結成20年目。「世の中の矛盾や人のエゴから発生するあらゆる痛みを世に伝える」ことをコンセプトに結成した京、薫、Die、Toshiya、Shinyaの5人組で、2006年以降は、活動の範囲を世界に広げ、アジアはもちろん全米やヨーロッパなどでも活動を展開。英国の老舗ロック誌「Kerrang!」では表紙にヴォーカルの京が日本人アーティストとして初めて登場し大きな話題を呼んだ。また、米ビルボード誌では「異色の日本人ロックグループ」として異例の大特集もされている。

 ヴィジュアル系バンドに詳しい音楽関係者によると「PIERROTとDIR EN GREYは、かつてはライバル関係にあるバンドで人気を二分していた」とした上で「ヴィジュアル系の世界では、PIERROTとDIR EN GREYが組むなんで想像出来なかった。そういった意味では、どんな形のプロジェクトになるのか大いに気になる。両者とも海外での評価が高いので内容によっては、日本以上に欧米や欧州などから注目が集まるのではないか」と言う。

 プロジェクトの詳細は明らかにされていないが、オフィシャルサイト、Twitter、Facebookは既にオープンしている。

関連記事リンク(外部サイト)

Die(DIR EN GREY)が表紙『ROCK AND READ 069』全32ページでDECAYSを徹底解剖
DIR EN GREY、男性&女性限定ライブ決定
DIR EN GREY 全国ツアー第4弾【mode of UROBOROS】詳細発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。