体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

私立恵比寿中学×Negicco「こんばんエビネギ~!」仲良くなったことを新春ジョイントライブで証明

私立恵比寿中学×Negicco「こんばんエビネギ~!」仲良くなったことを新春ジョイントライブで証明

 私立恵比寿中学とNegiccoによる新春ジョイントライブ【私立恵比寿中学×Negicco~当日までには仲良くなろうね~】が1月3日、埼玉・大宮ソニックシティ 大ホールにて開催された。

私立恵比寿中学×Negicco キュートなライブ写真一覧

 エビ中がお正月の朝、家でお雑煮を作っているとNegiccoがおせちを持って遊びにくるストーリーが上映され、両グループ名の「エビ」と「ねぎ」が入ったお雑煮など、お正月感満載の机に11人が並び「明けましておめでとうございます」と声を揃えたところで本編スタートとなった。

 お正月でお馴染みの曲「1月1日」を11人で歌い上げ、Meguの言葉「最初をNegiccoからかまさせていただきます!」を合図に最新シングルナンバー「愛、かましたいの」をパフォーマンス。続いてエビ中が「仮契約のシンデレラ」を披露すれば会場は熱気に包まれる。2曲を終えると星名美怜の 「ようこそエビネギライブへ!」といった掛け声と共に改めて自己紹介。Negiccoお馴染みの挨拶「こんばんネギネギ」を「こんばんエビネギ~!」とこの日限定バージョンで挨拶し、会場を沸かせた。

 Negiccoが「トリプル!WONDERLAND」「SNSをぶっとばせ」と盛り上げチューンで会場の空気を一つにすると、エビ中も対抗するように「ちちんふ?い」「ザ・ティッシュ~とまらない青春~」のアゲ曲を投下。MCではステージ中央に設置された巨大こたつに11人が入り、安本彩花が「ちょっと皆さんと遠くないですか? こたつレッツゴー!」と叫ぶと、巨大こたつが客席方向に前進。お客さんとの距離もぐっと近くなり、メンバーがみかんを食べながらのお正月らしいゆるやかな空気の中、まったりとしたトークを展開。公演タイトルにもある「仲良くなろうね」に習い、仲良くなるためにお互いの呼び方を提案、エビ中は「エビ中ちゃん」、Negiccoは「ネギネギ姉さん」と親しみやすい呼び名が提案された。

 ライブ中盤、各メンバーを入れ替えるシャッフルコーナーでは、中山莉子の「みなさーん! アイドルばかり聴かないで~!」という掛け声と共にNegiccoの「アイドルばかり聴かないで」をNao☆、真山りか、安本彩花、廣田あいか、柏木ひなた、中山莉子の6人でパフォーマンス。続いてエビ中の「フユコイ」を星名美怜、松野莉奈、小林歌穂、Megu、Kaedeの5人で披露。この日限定のいつもと違う形でオーディエンスを魅了した。

 ライブ終盤では、Negiccoの冬曲「私をネギーに連れてって」から始まり「さよならMusic」「ときめきのヘッドライナー」、一息つく間も無くエビ中にバトンタッチし「MISSION SURVIVOR」「ラブリースマイリーベイビー」「ポップコーントーン」とノンストップでパフォーマンスを繰り広げ、イベントのクライマックスを彩っていく。

 最後はエビ中の「頑張ってる途中」をNegiccoバージョンで披露、Negiccoの「ねぇバーディア」をエビ中バージョンで披露と、両グループの持ち曲よりレキシ・池田貴史提供楽曲を交換して各ファンの盛り上がりも最高潮となった。

 アンコールでは3曲を披露。「ここからは仲良くなったことを証明するような楽曲しかないです! 見せつけちゃいましょう!」と廣田あいかの言葉より「圧倒的なスタイル」「永遠に中学生」を続けて全員でパフォーマンス。言葉の通り全員で仲良くラインダンスを踊ったり、肩を組んで横に揺れるなど仲の良い2組の姿が見られた。

 ラストは安本彩花が「今日まだ聴いてない曲あるよね?!」と叫んでオーディエンスの歓声を誘うと、この日のために製作されたコラボ曲「エビネギ・オーライ!」を元気いっぱいに届けた。

関連記事リンク(外部サイト)

エビ中が年末恒例【大学芸会】で“深海”へご案内!「皆様お気をつけて自力で地上にお上がりくださいませ」
劇場版『咲-Saki-』予告編&メンバー全員が集合するポスター公開
実写版『咲-Saki-』OPテーマ「きみにワルツ」浜辺美波/浅川梨奈/廣田あいか/古畑星夏/山田杏奈の笑顔はじけるMV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。